あっこのおれおれ主義

akkohubb.exblog.jp
ブログトップ
2009年 11月 04日

引越し 4

引越しやに電話で簡単な見積もりをだしてもらう。
それくらいの家具なら2時間くらいで終わるだろう。と言う。1時間100ドルだから、200ドルプラスサービス料で250ドルか。まーいいじゃない。 でも、もし80歳のおじいさんグループが来てしまったら。亀よりのろい人が来てしまったらどうしよう・・。不安はつきぬが、当日予想に反して現れたのはプロレスラーとフランケンシュタインであった。でも、えっ。ふたりだけ。そうくるか引越しやめ。
彼らは力持ちで働き者であった。汗でびっしょりになりながらもくもくと家具を運び出す。でもなにぶんふたりだけなのでけっこう時間がかかる。 途中ゆっこちゃんから電話がはいる。「もう終わったころでしょ~?」いや。まだ荷物を運び出し終わってもいない。もう2時間たっている。
この辺からだんだんそわそわしだすケチな私と夫。重いものはみんな引越しやさんにお任せしましょうよ。と積み上げておいたダンボールを自分たちで運び出す。

月に一度経理のアルバイトに行く会社の社長は長時間仕事をしていると「まだ?まだ終わらないの?あとどれくらい?」としつこい。時給の支払いだから。私の時給なんてたかがしれているのに。CPAや、PCメインテナンスの人にはもっといやみを言う。彼らは時給が150ドルくらいだ。 あー。いやだ。いやだ。なんてケチな社長だろう。といつも思っていたんだけど、引越しの最中ケチな社長の背後例が乗り移ったかのような私たち夫婦。
新しい家に着いたころにはもう4時間近くたっている。4時間以内で終わらせなければ。完全にバジェットオーバーになってしまう。

家具だけは所定の位置においてもらい、箱は全部庭に置いてもらいましょう。最後の箱を庭にぶん投げるように置いてもらって、はい。お疲れ様でした。とお水のボトルとコークを渡し、さっさと帰っていただく。ああ、すげーつかれた。 4時間で450ドルか。ふぅ~。
庭に山積みになった箱。天気予報では次の日は雨らしい。 今日中に箱を空けて家の中に入れなくては。

カウンセリングは1時間200ドル。弁護士は500ドル。
季節の挨拶代10ドル、最近のニュース代10ドル。ってことになっちゃう。無駄話は無用だ。まだこれらのせんせーにお世話になったことはないけれど、その日のために、今から早口でしゃべる練習でもしておこうかな。
[PR]

by akkohubb | 2009-11-04 14:44


<< 引越し 5      どーでもいいこと >>