<   2012年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2012年 01月 30日

今日の英単語

日本のニュースを見ていたら
「近畿地方」という言葉にするどく反応して夫が笑ってる。
キンキ地方、キンキエリアかー。わはは。わはは。

キンキキッズなんて二人組もいるんだよ。
おーまいがー。
わはは。わはは。


kinky  セックスが大好きな人、超スケベな様
[PR]

by akkohubb | 2012-01-30 14:25
2012年 01月 26日

テニスの王子様

オーストラリアンオープン、錦織を見ていたらサードセットに入ったところで突然フェデラーとその昔グランドスラム達成というおじいさんのインタビューショーになってしまった。
えええ。そりゃないだろう。フェデラーとじいさんのおもしろくもない話が永遠と続く。
こちらのいらいらはつのるばかり。こんな大事なときになぜ今こんなものを流すのだ。ESPNは。
きのう、日本語なまりの苦情の電話がESPNにばんばんかかったはずよ。やっと錦織に戻ったとおもったらもう1−4。残り、ちょっとしか見られなかった。

それにしても錦織圭かっこよかったな〜。
今日のニュースに完敗なんて書いてあったけど、確かにスコアだけ見ると完敗かもしれないけど、
すっごくいいポイントがたくさんあった。
世界のトップレベルだ。すごい。

彼は喜怒哀楽がおおげさじゃなくて、上品なかんじなのもよい。
そう、その昔、私がテニスを始めた頃、テニスは紳士、淑女のスポーツだと教わったものよ。(いつの話だ。戦前か。)そして眉毛と髪の毛がふつーなのがとってもよい。(重要)

最近世界レベルの若い日本人アスリートをよくテレビで見るようになった。
それはとてもすばらしいことなんだけど、みんな眉毛と髪型がへん。すごくへん。
そろいもそろって眉毛が湘南暴走族か、おかまのどっちかだ。
髪型もいただけない。スケートの青年のもみあげがつららのように細長いあれはなんだろう。
サッカーの青年のヘアーバンドでもりあげたきのこの山ヘアーはなぜなのだろう。汚らしいさび色はいったいなぜなのだろう。ゴルフの青年の外はねパーマ、だれか言ってやってよ。へんだって。

ああ、そういえば錦織くんは日本人だけど、日本に住んでいないのだった。だからふつうの眉毛と髪型なのかも。
[PR]

by akkohubb | 2012-01-26 14:26
2012年 01月 24日

葉加瀬太郎

毎年会社が連れて行ってくれる日本商工会議所の新年会、今年のゲストは葉加瀬太郎であった。

葉加瀬太郎といえば、バイオリン、情熱大陸、高田万由子、そしてその風貌が人間マルチーズ。
これくらいのキーワードしか思い浮かばないままに当日を迎え、コンサートに臨んだのであった。

そしてそのコンサートはすんばらしかった。
ま〜、そのバイオリンの音の美しいこと。
お話の楽しいこと。演奏後の笑顔のすてきなこと。
うっとりしたり、感動したり、おどろいたり、笑ったりしているうちにあっという間に終わってしまった。
ああ、フォーリンラブ。

その昔、葉加瀬ご夫妻が結婚したとき、東大出の美人お嬢様がなぜあの人間マルチーズと。と思ったけど、東大出の美人お嬢様だから彼みたいな人と結婚できたのね。
[PR]

by akkohubb | 2012-01-24 14:59
2012年 01月 19日

わははな生活

休みの日、朝おそくまでふとんの中でごろごろしていたらドアの向こうから両親とケンの笑い声が聞こえた。わははは。楽しそうだな。

残業続きの寒い夜、疲れて家に帰ったらまた両親とケンが笑いながら何かを話していた。
夕ご飯ができていて、今朝脱いだ洗濯物がきれいになって畳んであった。

両親といっしょに住み始めた頃 アメリカ人のご主人を持つ友達が言った。
自分の両親と住むことを快くひきうけてくれるなんて、なんていいご主人なの。
私の夫だったら絶対いやがる。同居は絶対無理。

そしたらなんとその同じ日に、今度は日本人のご主人を持つ友達が言ったことは、
失職中のご主人と仲良く一緒に暮らせるなんて、なんていいご両親なの。
うちの両親だったら、自分の娘だけ働いて、ムコが失職中だったら絶対いやみ攻撃にでる。同居は絶対無理。

そして最近読んだ 林真理子著 秋の森の奇跡に、
夫が自分と同じように自分の両親も大切にしてくれる。こんな幸福な妻というのは、世の中にいったい何人いるのだろうか。と書いてあった。

ああ、自分はすごーくラッキーだったのだ。

元気だからいっしょにいたいのであって、介護が必要なほどよぼよぼになったら日本に帰る。と親は言う。医療関係のことはこの国に住む老人、特に外国人にとって切実な問題だ。
親がよぼよぼになってしまう日は本当にくるのだろうか。
そしたら本当に日本に帰っちゃうのだろうか。
毎日わはは。わはは。といっている生活はいつまで続くのだろうか。
そしてこのわははな生活に、もしもリミットがあるならば日常の取るにならない小さなことにぶちぶち文句をつけながら不機嫌になっている時間のなんともったいないことよ。

なーんて、思う日もあるんだけどねぇ。
[PR]

by akkohubb | 2012-01-19 15:35
2012年 01月 17日

長財布

どっかの記事で読んだんだけど、金持ちはみんな長財布を使っている だって。

今時あまりチェックブックを持って歩く人もいないと思うが、この国では財布といえばチェックの入る長財布が主流のような気がするんだけど、みんな金持ちってわけでもないぞ。あ、でも男の人はみんなふたつに折り畳むタイプを使っているかも。長財布じゃポケットに入らないもんね。 そしてかくいうわたくしの財布もカードだけ入る極小のもの。小さくて薄いので、ジーンズのポケットにも、小さなバッグにもすっぽりはいるのが気に入って、もうずっとこのブランドのこの財布を使っていて今のはなんと4代目。金色の財布を使うと金持ちになれると聞いて、今のは金色だ。そして金色の財布を使うと金持ちになれるというのはうそだと知った。

長財布を使うと、まず、お札がきれいに並んで入るらしい。一目でどれだけ入っているかわかるらしい。そうかも。今の財布はカード入れで、お札はたたんで、ゴムで止めるようになっているので、いくら入っているのかわからない。それに折り畳んであるお札はなんか貧乏臭いよね。 お金がきれいにそろって入っている財布、つまりお金を大切に扱うのは、お金持ちになる基本らしい。 おおお。 小銭も大切なお金だから小銭入れもついてなければだめなんだって。 私や私の夫のように、小銭はポケットの中にじゃらじゃら。ジーンズを脱ぐ時、その辺の箱にじゃりんと投げ入れておくのではだめなのだ。 どうりで!

そして今日ついに長財布を手に入れた。(母が買ってくれた。)
川柳コンテストであったたら買おうと思っていたTed Bakerのピンクに輝く財布よ。紫に光るジュエリーのがまぐちがゴージャスでいかにもお金が入ってきそう。

あ、この財布が入るバッグがないよ。今までは財布はポケットか、小さいバッグだったんだから。
今度はバッグを買わなきゃならなくなってしまった。 お金持ちへの道は遠い。
[PR]

by akkohubb | 2012-01-17 14:11
2012年 01月 06日

今日の英単語

camel toe (らくだの足(つま先))  下着がまたこさんに食い込んでいる様


サイズの合わない下着をつけていたらしく下着がまたこさんに食い込んで1日中不快であった。いててて。家に帰ってすぐに着替える。 あ〜。またこさんが楽になった。
そういう状態のことを英語で camel toe というのだと娘が教えてくれた。

らくだのつま先。 ほんとだ。そっくり。わはは。アメリカ人、言い得て妙。
新年早々 お下劣御免。 今年もよろしくお願いします。
[PR]

by akkohubb | 2012-01-06 14:20