あっこのおれおれ主義

akkohubb.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2011年 09月 21日

私じゃないよ。黒木瞳が言ってるんだよ。

日本のドラマを見ていると、夫ケニオが興味もいないくせに、
「何見てるの?」「どうしたの? この人なんで泣いてるの?」「この人、男?女?」とうるさい。 今、いいところなんだから だまっててよー。

黒木瞳主演、「同窓会」を遅ればせながら見ていた。
黒木瞳がぶっちぎれて泣きながら叫んでる。
「どうしたの? なにを叫んでるの?」と例によってケニオ、やってきました。

「いや、これは聞かない方がいいよ。」と言っているのに「なんで?なんで?どうしたの?」とうるさい。 洗濯物をきれいにたたみ、ごはんを作って待っていたご主人にバイトから帰った黒木瞳が、

「洗濯なんかしてほしいんじゃないのよっ。
私があなたにしてもらいたいのは こんなことじゃないのよっ!!!
あなたに働いてもらいたいのよっ!!!」
「景気が悪くて仕事がないんだからしょうがないじゃないか。」
「なんでもかんでも景気のせいにしないでよーーーーー!!!」


だってさ。 はっ。ただ訳すだけなのに、なんだか力がはいってしまったわ。 いや。私じゃないよ。黒木瞳が言ってるんだよ。

わーははははははは。ケニオは笑っていたけど、そこは、笑うところじゃないと思う。
[PR]

by akkohubb | 2011-09-21 14:17
2011年 09月 17日

家族

エミリーの引っ越しをすませて帰る帰り道は3時間の道中ケンも私も無口な人。
夕飯時だったので、どこかで食べて帰ろうかと思ったけど、なんかそんな気にもなれずそのまま帰ることにした。

家に帰ったら、父と母がご飯を作って待っていた。母の質問攻撃は止まらない。撮って来た写真を見て盛り上がる。アパートがすばらしかった。ルームメイトとすぐに仲良くなった。学校には楽しそうなイベントが盛りだくさんだった。あ〜、よかった。あ〜、よかった。わはは。わはは。

今日、同じく娘を大学に送って帰って来たという友達からメールが入っていた。彼女は離婚したので、娘と二人暮らしであった。 「帰り道、ずっと泣いちゃった。あなたも泣いた?」と書いてあった。 泣いたよ。おれも泣いたよ。 だけど私には家に帰ったら両親がいた。ごはんもできていた。
来週、会社の帰りに彼女をたずねよう。おいしいものを持って行こう。

両親がいなかったら、エミリーが楽しそうで私もうれしい。なんてことはとても思えなかった。
よかった。父がいて。よかった。母がいて。   あ、ケンもいたよ。
[PR]

by akkohubb | 2011-09-17 14:38
2011年 09月 16日

日記 娘の引っ越し

ブランコに乗る娘の背中を毎日毎日100万回押してやる。もうかんべんしてくれー。いったいこれはいつまで続くのだ。と思っていた。でも気がついたら娘は自分でブランコをこげるようになっていた。そしてもっと気がついたときにはもうブランコに乗らなくなっていた。 

夜泣きがひどくて、3歳をすぎても一晩中続けて朝まで寝ることはなかった。もうかんべんしてくれー。いったいこれはいつまで続くのだ。と思っていた。大きくなっても夜中に目を覚まし、しょっちゅう私のふとんに入って来た。このこは一生私と寝るつもりか。と思っていたら、いつの間にか男の子と寝ていた。

大学へ引っ越して行く前の日、自分の支度が終わった後、音楽のダウンロードの仕方や、スカイプの使い方などいろんなことを教えてくれた。楽しいよ。と言ってfacebookのアカウントも作ってくれたけど、friend requestはしてくれなかった。あなたの生活を見れないんじゃ楽しくもないよ。私は他の人の生活になんか興味ないんだから。

娘が引っ越して行った。
その日が来たらどうなっちゃうんだろうとずっと思っていた。

大学のアパートはきれいで、個室があって、うちよりずっとすてきだった。3人のルームメイトも、みんないいこたちですぐに仲良くなった。今週は新入生の歓迎ウィークでイベントが盛りだくさんで楽しそう。うちにいるよりずっと楽しそう。よかった。これなら安心して置いて行かれるよ。これからはもっと楽しくて、もっといいことがたくさんたくさん待っているはずで、いろんなことが学べるはずで、そう思うと、"その日"はいい日なんだと思ってみたりする。
[PR]

by akkohubb | 2011-09-16 15:00