<   2008年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2008年 09月 26日

ビール

まだまだ夏の陽気が続く、ここベイエリア(のはずれ)。こう陽気がいいと毎日のビールが本当においしい。
我がバイブル「病気にならない生き方」で新谷先生が「飲んでもいいけど、その1杯は若さとひきかえの1杯だと思って飲んでください。」とおっしゃっていた。 ああ、ビールにしておれは本来の若さをどれほど失ったことか。同じ年齢の友達と比べて、しわやしみや、たるみが多いのは、紫外線だけのせいではないようだな。 せめて毎日飲まないようにしよう。

高校生の子供を持つ親としてあまり大きな声では言えませんが、私のビールデビューは早い。だけど、私はサケノミではありません。 ビール以外のものはほとんど飲まないし、酔っ払うのが好きではないので、量もそんなに飲まないし。 ただ、こうやって晴れた日の夕方、今日もおつとめごくろうさん。と自分に言いながらプルトップのセンを抜き、ごくりと喉をうるおす最初の1杯がたまらんのです。

ビールが好きな理由はそのおいしさもさることながら、よけいなウンチくをたれなくてもいいこと。
ワインは飲んだらなにか気の効いたことを言わなくてはいけない雰囲気がある。 「あ、これは、まだブルマーの処女の味ですな。」「こちらは、単身赴任の夫を持つ熟女という感じですな。」「そりゃぁいい。うほほほ。」 なーんて、すけべおやじの会話を聞いたわけではありませんが、なんか、ただ、おいしー。という感想だけでは許されない雰囲気がそこにある。 そんでもって年代がどうだとか、作った場所がどうだとか、挙句のはてには、その年の天候までいちいちウンチくたれ大会。だまって飲め。 ビールを飲みながら、あの地域でとれた麦は・・とか、これは苦みばしった、老婆の味ですな。なんて言う人はだれもいない。ビールの感想は、クリームのような美しいあわのギネスを飲む時にも、黄金色に輝く麦ビールを飲む時にも、あー。うまい。だけ。シンプルなおれさまにぴったり。
そんでもって値段も安い。 うちに常備しているバドワイザーなんて1缶1ドルもしないぞ。 節訳派のおれさまにこれもぴったり。

週末ノリのおうちに呼ばれて行った。今回はマリの学生時代からの友達、H君もお誘いした。 H君はテキサスから単身赴任で来ている。そんでもってお金持ちでウンチく好きな人の例にもれず、彼もワイン好きなのであった。 なんと、彼は25ドルと45ドルのワインを持ってきたぞ。 ノリとマリと私を相手に、そんな高い飲み物を!もったいない。 いや、H君のねらいは私たちではなくゆっこなのだ。 なにやらふたりは、ワインの話で盛り上がっている様子。 まさか、ブルマーの処女の味とは言ってないと思うけど、例にもれず味の感想を言い合うふたり。 ゆっこちゃん、どうか、次のワイン会にはH君も誘ってあげてね。 まだこの地に来て間もないH君に新しい仲間を作ってあげたいと思うやさしいマリと私。 H君がワイン会に行くってことは、仲介役の私たちも当然誘われるってことよね。 どうする?なに持ってく?なに着てく?と盛り上がるおれたちを全く無視してウンチくを語り合うゆっことH君なのであった。
[PR]

by akkohubb | 2008-09-26 14:12
2008年 09月 20日

ミツワ 北海道フェア

仕事中、ノリから電話がある。 「ミツワに行くんだけど、やっぱりあのお弁当買う?」
ええぇ。ノリ、 ミツワにはさっきさんまを買いに行ったのではなかったのか。 弁当がおいしそうだったからまた戻ると言う。

ミツワとはSan Joseにある日本のスーパーマーケットで、きのうから今週末まで、北海道フェアをやっているのだ。 新聞広告で見た、北海道直通、いくら、かに、うにの三色弁当のうまそうなこと。 だけど、高い。$18。 たかが弁当に$18は出せないとさっきまで言ってたくせに実物を見たら、やはり食べたくなったらしいノリ。 「そうよ。北海道フェアは1年に1回なんだから、1年に1回くらい高い弁当を食べましょうよ。」とおれも賛成する。 じゃあ、2個買っとくから、会社の帰りに寄ってね。 だって。わくわく。 ああ、頭は三色弁当でいっぱい。午後の仕事には身が入らず。 帰る時間が待ち遠しい。

ああ、三色弁当。広告の写真で見たより、小さいような気がするが、いくらはつやつや。うにはふっくら。 そんでもってすっごーくおいしかった。 あぁ、幸せ。おいしいものを食べると本当に幸せな気分になる。 食べながら、おはぎもすごくおいしかっただの、あんこのどら焼きを20個買った女がいて、その女のせいで売り切れてしまっただの、おはぎの職人を北海道から連れてきているだの、北海道から直輸入でこの値段じゃ本当は赤字だの、北海道フェアについてこと細かく話してくれるノリ。 なんでそんなことまで知っているのだろう。と思ったら、きのうも行ったんだって。 さすがに3回目の今日、「またあんた、来たのかい。」と言われたらしい。 赤字でも、こんなに喜んでいる客がいるんだもの。ミツワもうれしかろう。 

頼んでおいた産地直通さんまとどら焼きとおはぎを持って帰る。わくわく。
明日はマリが泊まりに来る。 さんまを焼いて出してやろう。

今週末、ミツワに行く友のみなさん。
三色弁当。お勧めよ。
[PR]

by akkohubb | 2008-09-20 13:00
2008年 09月 17日

理不尽

すごくフジンリなことがあったと言ったら、ノリとチエミちゃんが?という顔をしている。
あれ、ちがったか。 あ、フリジンか。 あれ。フジリンだっけ。 フリンジ? あれ? あれ?

おしい。気持ちはわかる。とチエミちゃんが言った。
[PR]

by akkohubb | 2008-09-17 12:39
2008年 09月 13日

イエローカード

あるバーベキューパーティーで、日本に興味を持つようになったきかっけをアメリカ人男性と話す。 子供の頃に見たテレビまんがだとその人は言った。 MANGA。 日本が誇る文化、まんがは、いまや英語になっている。
まんが・・。突然笑い出す。夫、ケニオ。 オー マン ガー。 自分で言ってうけている。 この男は、まんの字に異常な反応を示す。 やるきまんまん、いちまん円、まんじゅう、がまん、じまん・・・。 なに笑ってるの?と、みなさん。 そこにいたアメリカ人も日本人も不思議そうにケンを見ていた。 まんが・・・。 いひひ。と、まだ笑ってる。 ひぇぇ。

帰りの車の中でおもいっきりイエローカードをつきだしてやる。 まんと聞くたびにいちいち笑わないでっ。 特に日本人の前では絶対やめてよっ。 だいたいねぇ、まん★ってぇのは、ふつうの日本人ははずかしくて口にも出せないお下劣な隠語なのよっ。 とふつうの日本人ではないわたくしは、口に出して夫をしかる。 ああ、余計な日本語を教えてしまった。 まだ いひひと笑い続ける夫。 おまえは小学生か。 なんて夫だ。


ケンの実家に夕ご飯をごちそうになりに行った。
今日は、友達のディックも誘ったのでもうすぐ来るよ。とお父さん。
ディック! 
いひひ。こんどはエミリーか。 ディックという名前が出るたびに、いひひ。 おまえは小学生か。なんて娘だ。 ディックにお会いしたら、絶対笑っちゃだめよっ。と念をおす。

それにしてもなんてあぶない名前なのだ。 どうして、みんなふつうに名乗って、ふつうに呼べるのか。 まるで、ちん吉くん。 ちん介さん。  名前を呼ぶのがちょっとはずかしいじゃないの。 って、おれも小学生か。
[PR]

by akkohubb | 2008-09-13 14:07
2008年 09月 09日

アルバイト

いつも行く会社の他に別の会社で経理のアルバイトをしています。 
それは、私が初めて経理の仕事に就いた会社で、もうそこの経理を8年もやっています。 経理と言っても、Taxなど複雑なことはまったくやりません。帳簿をつけるだけの簡単な仕事です。 2年前就職が決まった時に、フルタイムで働くことになったのでやめさせてください。と言ったら、仕事の後、月に1回ちょこっと来てくれるだけでいいのでやめないでくれ。時給も上げるからやめないでくれ。としつこく言われたので、まだ続けているのです。 彼が私にやめないで欲しいのは、別に私が有能だからなのではありません。 この社長はおこりんぼうで、思ったことをなんでもすぐに口にするので、なかなかこの人の下で永く働く人を見つけるのは大変なのです。 自分でもそれがわかっているから、新しい人を探すのがいやなのです。 私はおこりんぼうではないので、彼が失礼なことを言っても、けんかになったりしないのです。私が経理をしている8年の間、彼の秘書が何人怒りくるってやめていったか、もう覚えていません。 でも彼が私をとどめておきたい本当の理由は私は安いからなのです。 彼は多くの中小企業の社長がそうであるように、けちんぼです。 私は経験はありますが、経理の資格を何も持たないので、他の人より安いのです。
就職してから彼のオフィスに行くのは1ヶ月に1度とはいえ思ったより大変なことでした。5時まで会社で働き、そのあと、5時半から9時半まで、夕ご飯も食べずに彼の帳簿つけをしなければなりません。 $35という時給はけっして悪くはないけれど、これを1ヶ月に1度、4時間働いて$140。 1ヶ月の収入がたったの$140増えたところで、うれしくもなんともありません。 夜なので、私も彼も疲れていて、彼のいやみはいつになくひどく、仏の私もだんだんいらいらしてきます。 こりゃ、わりがあわん。やっぱりやめさせてもらおう。と思っていたところ、彼から、もうひとつの会社(彼は会社をふたつ持っているのです。)のほうの経理もみてくれないかと頼まれました。 もうひとつの会社の経理は会計事務所から来ている女性にみてもらっています。彼のオフィスで何度か彼女に会った事があるのですが、いつも、かっこいいスーツを着て、かっこいいバッグを持っている、かっこいい人です。あの人はどうしたのかと聞くと、あの人よりも 私の仕事ぶりの方がよいから私にまかせたいと言うのです。 この社長はあまり人をほめることがありません。 経理の仕事をして8年。経理として就職して2年。 資格はないけれど、やっと人に認めてもらえるようになったのか。と思い、私も悪い気はしませんでしたので、もうひとつの会社のほうも引き受けてしまいました。 これで、月に2回、ふつうの仕事の後にまた仕事をしなければならなくなってしまいました。
もうひとつの会社のほうの一番最初の仕事は、いままでいた経理の彼女にお金を払うことでした。彼女からの請求書。 なんと、支払い金額以外の詳細が黒くぬりつぶしてあります。 彼女の時給が私にわからないようにしてあるのです。 この社長はこういうことをするやつです。こんなことをしても、こうすれば透けて見えるのよ。 私は請求書を電気にすかして、彼女の時給をさぐりました。 なんだとぉー。$135。 私よりちょうど$100多い金額です。 やることは同じ。 そして、なれない仕事にとまどっていると、P(前の経理の彼女の名前)なら今頃とっくに終わってるよ。と社長のいやみ攻撃。 やっぱりこの男はお金のことしか考えていないのだった。 
CPAなどの経理の資格を持っているのと持っていないのでは、時給も$100からちがうし、会社の自分に対する態度もちがってきます。 くそぅ。と思うけど仕方のないことです。だって、私は勉強がきらいで、これからも資格をとる気などさらさらないのですから。
[PR]

by akkohubb | 2008-09-09 14:15
2008年 09月 07日

いじわるばあさん

乳がん検査に行ってきました。

結果から言うと、異常なしであったのだが、この結果に至るまで、再検査、再々検査をうけたのであった。 ひぇぇぇ。 マモグラフとはおっぱいを板にはさんでつぶしてレントゲンを撮るという聞いただけでも恐ろしい検査だ。 ひぇぇぇ。
おっぱいがあまりに小さい人は板の中に挟むのが大変らしい。最近検査に行った日本人のお友達は板の中になかなか挟めず看護婦さんに「ちっ。」と言われちゃったんだそうだ。 ひぇぇぇ。 「ちっ。」と言われても挟むものがないものはないよ。  私の場合は看護婦さんがいい人でいやな顔はしなかったが、もちろん簡単に挟めるわけもなく何度も何度もあっちの皮をむりやりひっぱったり、こっちの皮をむりやり押し込んだりして、彼女はまさに悪戦苦闘しながらSorry,Sorryを連発。 Sorryと言いたいのはこちらのほうよ。ごめんなさい。挟むものがなにもなくて・・・。だけどあまりの羞恥と苦痛でいつになく無口なおれ。 No problem。とやっと言うだけ。 やっとの思いで板に挟んだのはおっぱいというよりわきの下の肉。むりやりその辺の肉や皮を詰め込んでみました。というかんじ。  そんでもって、なにか写ってると再検査。今度は超音波で看る。今度はなにも写っていないと念のためまた再々検査。 えぇぇぇ。また明日も検査ぁー。と思ったけど、よく考えたらありがたいことだよ。検査も受けられず乳がんで亡くなった人や、検査したけど手遅れだった人もたくさんいる中で、こんなに慎重に調べてもらえるなんて。こうなったらとことん調べていただきましょう。 次の日の再検査ではまたあっちひっぱられ、こっち伸ばされ、痛かったけど、ありがたさの方が大きい。 

検査が終わって、着替える時見た自分のおっぱい。 あーあ。ひっぱられすぎてのびちゃってるよ。 なんかどっかで見たな。この体。と思ったら、そうだ。いじわるばあさんのはだか姿にそっくりなのであった。 ひぇぇぇ。
[PR]

by akkohubb | 2008-09-07 15:39
2008年 09月 03日

そうくるか。

長かった夏休みも終わり、長かった別荘生活も終わった。

「工事が終わったので家に帰れますよー。」とアパートの管理室から電話があった。 it's ready.だって。 おおお。finally it's readyか。 さっそく家を見に行ってみよう。
・・・。ぜんぜんreadyじゃないじゃん。 確かに工事は終わったようだけど、床は工事の人の足跡だらけ。白い工事のほこりが家中に充満していて息苦しい。白い粉がそのへんにつもってるぞ。 キャビネットのドアは閉まらない。流しの下は穴があいてるし。 ふーん。これでIt's readyと言ってしまうのか。 そうくるか。アパートめ。

会社の帰りになんとなく思い立ってケンの実家のお墓に寄ってみる。 お墓から会社まで車で5分。 家からの通り道ではないためにいつもなんとなく後回しにしているお墓参り。でも本当は会社から5分。ご無沙汰の言い訳はない。 
木の下にある、うちのお墓は枯れ葉に埋もれていた。 そんでもってぺんぺん草が生えていた。 あぁぁ。なんてこと。 あわてて雑草を引っこ抜く。だけど、軍手でもしてないと全部抜けきれない。枯葉をどけようとしたら虫がいたので、これもできない。 来週、ほうきと軍手を持って必ず来ます。今日のところは許してつかぁさい。 とごあいさつをして帰る。 ケンの実家は信仰する宗教がない。よって、お墓参りという習慣がないのであった。 だけど私は日いづる国からきた嫁。 ご先祖さまを大切にしないとばちがあたるよね。

白い粉だらけの家。とりあえず掃除をしないと肺をやられてしまう。 会社を3日も休んで、家中掃除をして、別荘から荷物を運びいれる。 別荘生活はシンプルで楽しかったけど、狭いマットレスでずっと寝るのもつらいものがあった。 あぁ、今日から自分のベッドでゆっくり眠れるのね。 念入りに洗濯したシーツと布団カバーはふわふわでその日は広いベッドの上、のびのび、ゆっくり眠る。 
朝、水の流れる音で目を覚ます。 ケンがシャワーをあびているのかな。と思ったら、ケンは隣でまだ寝てるじゃん。 なんだろうと思って起きてみてびっくり。 上の人の洗濯機の水が今度は洗面所から滝のように流れ出てバスルームの床にあふれ出しているぅぅうぅ。 うわぁああぁぁぁぁ。 直ってねぇじゃんっ。

枯葉に埋もれ、雑草に囲まれた墓石が頭にうかぶ。 
あぁぁ。ご先祖様は許してくれてなかった。 そうくるか。ご先祖様。
[PR]

by akkohubb | 2008-09-03 15:24