あっこのおれおれ主義

akkohubb.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2008年 07月 25日

「特別なことは何もしていないんですけど」

あゆみちゃんからまたいっぱい日本の雑誌がまわってきた。(あゆみちゃん、いつもありがう!)今回は美容関係が多い。
「35人に聞きました。素顔が実年齢より若く見える理由」 知りたい。知りたい。その理由。 ほんとう。みなさん、確かにおきれい。 だけど"素顔"が実年齢より若く見える特集なのに、素顔をさらけ出してる人はいないじゃん。 すっごい巧みなお化粧なんですけど。まぁいいけど。 そんでもっておきれいなみなさんは、みんなそろってこのセリフを言う。
「特別なことは何もしていないんですけど・・・。」 特別なことはなにもしてないけど紫外線にはあたらないようにしています・・・。 もぐらじゃあるまいし、この地球上に住んで紫外線にあたらないなんてそれだけですごく特別なことのような気がするんですけど。まぁいいけど。 それにしてもそろいもそろって、おきれいな理由が紫外線対策ってぇのはどうよ。 「特別なことは何もしていなんですけど、半年に1回、おでこにボトックス、口元にはヒアルロンを打っています。鼻と胸にはシリコンだって入ってます。」くらい言ってくれてもよさそうなもんだが。 今時、そこらの主婦だってこれくらいのことするぞ。 若さの本当の理由を教えてくれてもいいような気がするんですけど。まぁいいけど。

「特別なことは何もしてないんですけど。」は、「ぜんぜん勉強しなかった。」に似ている。
みんなもぜんぜん勉強しなかったんだ。よかったよ。と思うと、追試に呼ばれるのは自分だけ。
特別なことはしてないんですけど、紫外線対策だけはきちんとやってます。にはもうだまされないのだ。
[PR]

by akkohubb | 2008-07-25 12:46
2008年 07月 22日

別荘暮らし

仮の引越し先は同じアパート内の別の棟の1ベッドルームの家。
「ここは新しい棟なんですよぉ。」とアパートのマネージャー。本当だ。中に入ったらとってもきれい。ベッドルームは1つしかないけど、キッチンもリビングもバスルームもクローゼットもうちより大きい。「お宅の2ベッドルームよりこちらの方が家賃が高いんですよぉ。」と恩着せがましい。「だんろもついていますしねぇ。」って、気温は30度以上だ。だんろいらないし。
広いリビングにテレビとちゃぶ台だけを置く。ベッドルームにはマットレスを置いた。生活するのに、必要最小限だけを持ってきた。
この自分のうちじゃないんだけど、自分のものに囲まれているという感覚は何かに似ていると思ったら、別荘じゃないの! 今年の夏休みは家庭内恐慌によりどこにも行けないと思ったら、ふってわいたような別荘暮らし。 いいねぇ。 もしも保険に入っていたら保険屋さんにホテル代を払ってもらってあのちんけなホテルに1ヶ月も住まわされるところであったわ。 

仕事から帰っても何もないから家はきれい。 何もないから、夕ご飯もシンプルにすます。 夕ご飯が終わってもまだまだ明るい夏の夜。緑に囲まれたバルコニーでビールでも飲みましょう。

PCの使えない夜は長い。 3人でバレーボールをする。散歩に行く。トランプをする。ドミノをする。そして3人でいっしょに寝る。 わはは。わはは。
と書くといかにも幸せそうな3人家族ね。 不慮の事故もポジティブな態度で楽しんじゃう素敵家族。 わははははは。

そんなわけねぇだろう。
PCがないとやることがなく、ふてくされたティーンエイジャーと、それに対して、説教し続けるうるさい母親と我関せずで同じ場所にビールを持って座ったまんまの父親と、新しいカーペットにがりがりつめをたてるねこ。
ひとつしかない部屋で音楽を聴きたい者とテレビを見たい者。ひとつのテレビでニュースを見たい者とReal worldを見たい者....。狭い部屋に流れる煮詰まった思い空気。 安心したまえ。素敵家族はあなたのおうちとおんなじなのだ。 わはは。
[PR]

by akkohubb | 2008-07-22 10:43
2008年 07月 18日

交渉

ホテルを出て、アパート内の別の家に工事期間中仮住まいすることになった。 
あたりまえのような気もするがこれはケニオの交渉のたまものなのだそうだ。 工事期間中はもとの家に入れないので(今入っちゃってるけど。)必要なものを運び出す。引越しはアパートのメインテナンス係りの人たちが手伝ってくれると言う。 あたりまえのような気もするがこれも、ケニオの交渉の功績なのだそうだ。 彼は、支払いがとどこおっていて保険が切れていたという事実をすんなりこちらの非として受け止めているのだ。さすが、保険&訴訟の国の人。おれはおはしの国から来た人なのでそのへんの感覚はよくわからんが、アパート内の不都合は保険でカバーされることになっていて、保険加入が義務づけられているというのに、どんな理由であれ保険に入っていなかったということは、本来なら何もしてもらえなくても仕方がないのに、自分の交渉のおかげでこれだけのことをアパートにしてもらえることになったのだ。えっへん。と得意げ。 交渉で大切なのは、感情的にならないこと。相手とよいリレーションシップを築き上げることだと交渉のイロハについてまで語りだす始末。
うーん。日本だったらアパートの責任者がおかし持って飛んできちゃうよ。「ご迷惑をおかけして申し訳ございませんっ。」ってさ。 でもここは日本ではないのだ。きっとケニオの言うとおりなのであろう。
「すごいっ。けんちゃん。よくやってくれた。あなたのおかげ。ほんとありがとー。」 おれはこういうことをちゃんと口にできる女なのだ。わはは。 ケニオ満足げ。

なんでもアパートの言いなりになっただけなんじゃないのぉ。とエミリーが冷めた目でおれたち夫婦を見ていた。
[PR]

by akkohubb | 2008-07-18 13:22
2008年 07月 17日

住居者保険

水漏れの損傷はひどく、天井と壁を全部はがすという大掛かりな工事になり、終わるのに1ヶ月くらいかかるという。そんでもってアパートのマネージャーから連絡があり、私たちの住居者保険が未払いの為切れているという。 今回のようにアパート内で起きた不都合は保険でカバーされることになっている為、アパート側はホテル代もその他の費用も出せないという。

えええぇぇ。そんなー。
保険が切れてるってどういうことよっ。保険はアパートに入る時、入居者全員が各自入るように義務づけられているのだ。なのになんで切れてるなんてことがあり得るのよ。と思ったら、どうやらこの前クレジットカードを失くして新しいのを作ったときから保険の支払いがストップしてしまったらしい。 保険は前のカードから自動引き落としであった。 あああぁ。
保険屋もアパートも喜んでるよ。こちらの落ち度を見つけてそこを攻めてくる。だれも払いたくないのだ。1ヶ月のホテル代なんて。もちろんおれたちも。 なんとかしてあげたいけど、"未払いで"保険が切れてるんじゃねぇ。とわざとらしく困った顔をする。

ゆってよ。ゆってよ。保険屋も、アパートも。保険が切れてるなんてそんな大事なことを。支払いがとどこおった時点で教えてくれよ。 保険屋は、手紙で知らせました。と言う。うそだぁ。聞いてないもん。アパートはアパートで気づかなかったと言う。 えぇぇぇ。そんなー。

200世帯ある家の中で水道管が壊れた家の下にたまたま住んでいたのがアンラッキー。今までずっと保険料を払ってきたのに、たまたま支払いがとどこおった時にこんなことになってアンラッキー。保険屋の"出したはずの"手紙が届かなくてアンラッキー。アパート側が気づかなかったこともアンラッキー。 アンラッキーにもほどがあるぜ。

しょうがないよ。今回はアンラッキー続きだけど、今までのトータルでアンラッキーと思うことより、ラッキーと思うことの方がずっと多いんだから。とビールを飲む夫、ケニオ。 こんな時にビールかよ。と思ったけど勧められるまま手にした缶は冷たくて気持ちがいい。 気温は38度。不快指数はかなり高い。 冷たいビールを飲んだらケニオの言うことにそうかもな。と一瞬思えたけど、本当に一瞬だけだ。
[PR]

by akkohubb | 2008-07-17 10:13
2008年 07月 16日

バケーション

エミリーが友達と家で遊んでいたら天井からいきなり滝のように水が流れ落ちてきたらしい。 アパートメントの2階の人の洗濯機の水がもれたらしい。
仕事を早めに切り上げてその日は早く帰った。

くさっ。家に入ると下水の悪臭と、なにか薬品のようなにおいが鼻をつく。 ちょっとぉー。ほんとに洗濯機の水なのぉ?ほんとはトイレの水なんじゃないのぉ?っつーくらいくさい。 じゅうたんやラグはびしょびしょだが家具は何も被害にあっていないようなのでとりあえず一安心よ。 その日は避難するように言われ当面の荷物だけつめてホテルへ。
急にお願いしたのに、ゆっことヒロがこころよくねこを預かってくれると言う。 本当に助かった。電話をしたら、「ご安心なきよう~。」と言われる。 ええぇぇぇ。 いや。ゆっこのことだ。きっとご心配なきよう。と言いたいのだろうよ。でも、今日はつっこまない。それくらいありがたかった。

どうせアパート側が負担してくれるんだもの。せっかくだから贅沢しようぜ。と思う。 だけど気がついたら街で一番安いホテルをわざわざ探してチェックインしていた。 どうせアパート側が負担してくれるんだもの。せっかくだから今日はいいもの食べちゃおうぜ。と思う。だけど気がついたら安いメキシカンレストランでケンとふたりブリトーをかじっていた。

ホテルの風呂につかりながらビールを飲む。なんかふってわいたバケーションみたいだね。と、ケンがにこにこしている。あんなことがあったのに、のんきなお人だ。 だけど、しょぼいホテルというところがやけにリアルでなんだか本当にバケーションに来ているみたいな気がした。
[PR]

by akkohubb | 2008-07-16 10:45
2008年 07月 02日

はなにっき

たばさにっきぱくってみました。今日は、はなにっき。

きのうひなどりをつかまえて、おうちに入ろうとしたらおかあさん(あっこさん)がひぇぇぇ。とさけんでガラス戸をしめてしまったの。 おかあさんはガラス戸のむこうで、「はながまたねずみをくわえてるぅぅぅぅ。」とさけんでいたけど、わたしのきょうのおもちゃはねずみじゃなくてひなどりなのよ。よく見てよ。

こないだねずみをもってかえってきたときは、ねずみがおうちの中をにげまわっておおさわぎになったの。 おかあさんはきゃーきゃー叫びながらつくえのうえにひなんしていた。 おねえさん(えみりーちゃん)はあたしといっしょにねずみをおいかけまわしたのよ。 おねえさんはあたしがおもちゃをつかまえると必ずよこどりしてにがしちゃうの。かわいそうだからって。 ねずみのことは、このこはかわいいかおをしているよー。と言っていたけど、ねずみのどこがかわいいの? おとうさん(ケンさん)はねずみとあたしとおねえさんが走りまわっているのに、なにごともないかのようにいつものようにソファに横になりビールを飲みながら野球をみてる。 おかあさんが、「ケンちゃんっ。なんとかしてよぉぉぉ。」と叫んでいたけど、わはは。と笑って無視しているの。 おとうさんてこういう人。 おかあさんもいざという時きゃーきゃー言うだけでやくにたたない人。 けっきょくおねえさんがねずみをほうきでドアまでゆうどうして外ににがしちゃった。 せっかくつかまえたのに。ひどいわ。 ねずみをかんでしばらくは、おかあさんは、はなはえんがちょだからってだっこもしてくれなかったのよ。いったいえんがちょってなんなのよ。

きのうのひなどりはちょっと強くかんだら、すごく大きな声でぴーぴーぴーーーーって鳴いてた。そしたらまたおねえさんが出てきてあたしにコップのお水をじゃーっとかけたのよ。 びっくりして草むらの中ににげたら、そのすきにおねえさんが、とりをひろって、どっかに持ってっちゃった。 またしてもおねえさんによこどりされちゃった。 そのあとおうちに帰ったら、おねえさんとおかあさんに 「はなはわるいこだねっ」ておこられたけど、ふん。狩が上手ね。とほめてちょうだよ。 

今日あさ、おねえさんとおかあさんがきのうのひなどりを見に行ったみたい。
やっぱり死んじゃってたって。 ありんこがいっぱいたかっていたって。 合掌。

たばさちゃん、たばさちゃんも狩が上手?
こんどどんなおもちゃをとったかおしえてね。

はな
[PR]

by akkohubb | 2008-07-02 15:05