あっこのおれおれ主義

akkohubb.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2007年 06月 26日

造顔マッサージだ! その3 結果編

で、造顔マッサージはどうなってんのよ。 と思いましたね。
続けてるよ。 私はそういうこと、まじめなの。 もう、1ヶ月くらいたつんじゃないだろうか。 そろそろ結果がでてもいいころよね。

えらが小さくなってきた。  
・・・様な気がする。
法令線が薄くなってきた。 
・・・様な気がする。
目の上の脂肪がとれて、目がちょっとぱっちりした。  
・・・様な気がする。
おでこのたこ八がうすくなってきた。  
・・・様な気がする。
そしてそれは、ただたんにそんな気がするだけじゃない。
・・・様な気がする。

だけど、この1ヶ月、だれからもそれについてなにか言われたことがないというのは、どういうことであろう。 ケンとエミリーに聞いてみよう。 「ねーねー。私、顔が小さくなったと思わない? 目がぱっちりしたと思わない? しわがうすくなったと思わない?」 「Not at all」 おれの家族は、NOにAT ALLまでつけやがった。 家族に聞いたのがまちがいだったわ。

きのうノリとゆっこちゃんに会ったら、「え。まだ マッサージ続けてんの?」だって。
この小さくなったエラを見りゃ、わかるだろう。 きみたち。 そんでもってノリは、せっかくビデを貸してあげたのにやってないらしい。ゆっこちゃんに、ビデオを貸してあげようか。と言ったら、おれの顔をのぞきこんで、 「遠慮しとく。」だって。

田中先生。あなたを信じていいのですよね・・・・。
1ヶ月でキョンキョンになろうったって無理よね。 ノリ、ゆっこ。半年後のおれさまを見て後悔するなよ。わはは。  

そうそう。田中先生の造顔マッサージ、YouTubeにあったよ。



半年後につづく→
 
[PR]

by akkohubb | 2007-06-26 12:45
2007年 06月 23日

退職

退職届けをたたきつけたら、どんなにすっきりするだろう。と思っていたが、いざ、そうなったら、あまりにも上司がしょんぼりするので、思ったよりはすっきりしなかった。

退職届けを出した次の日、職場の人がこそこそなにかを言い合っていた。

あの人があなたのことをこんなふうに、悪口を言っていたわよ。と、"親切"に教えてくれる人がいた。 そして、その悪口を言っていたという人から、どうか辞めないで。とやさしい言葉をかけられる。 

辞めたい理由は、仕事量についていけないから。ということにしておいた。 自分の能力を超えていると言っておいた。 それならばしかたがないというものだ。 能力のないものに周囲はやさしい。 だけどそのやさしさは、自分の能力が"上"であると誇示しながらの、いやみなやさしさで、 ときどき、円満退職という自分がたてた小さな目標でさえも忘れそうになることがあった。

取引先に辞める旨を知らせる。 この会社から出る締め切りを守るために、ずいぶん残業をした。 メールのやりとりもたくさんあった。 もっと何か言ってくれると思ったら、帰ってきた返事は、 あ、そう。 みたいな感じだった。 そりゃ そうだよな。 大切なのは、次のレポートもちゃんと締め切りどうりに届くかということだけだ。

おれが辞めたらこの会社はどうなってしまうんだろう。と思っていた。 
代わりの人はすぐに見つかった。 彼女はすぐに会社の雰囲気になじんだ。 まじめないい人だった。  おれは、何様でもないのだった。 とまた気づく。

最後の日は、上司とランチに出かけた。 仕事の話はせずに、家族の話などをした。 目を細めて自慢の娘の話をする彼は、ちっともいやな人なんかじゃなかった。 私たちはたくさん笑った。彼は本当はいやな人じゃないんじゃないか。と思ったが、ウエイトレスに対する横柄な態度を見て、ああ、やっぱりいやだ。と思った。

オフィスに帰ったら、カードとプレゼントが用意されていた。 周りの人は今度は本当にやさしい顔をしていた。 私の悪口を言っていたという人は、なみだぐんで、花をくれた。 辞めないで欲しかった。とまた言った。 そういえば彼女が人の悪口を言ったところを、この半年、1度も聞いたことがなかった。 あの日、私はすごくいやな気分になったけど、あれは本当だったのだろうか。 でも、そんなことはどうでもいい。 やめるんだから。

みんなが帰ったオフィスで、ひとり片付けものをしながら、思いかえす。 いやなことばっかりじゃなかった。ただ、いやなことばっかり思い出すほど、疲れていた。 あのままあそこにいたら、体か、精神か、家庭のどれかがこわれちゃったと思う。

やめるときは、絶対、なんかしてやる。 ただでやめるものか。と思っていた。
だれもいない。  入り口に うんこでもなすりつけていこうか。本気で考えた。
[PR]

by akkohubb | 2007-06-23 13:48
2007年 06月 16日

スピード離婚

去年の9月、就職活動をようやく終えて、職に就いたとき、 「就職とはお見合い結婚に似たり」と書いたのはまだ記憶に新しい。

何回か縁談(採用)を断られていたわたくしは、お見合い(就職活動)に疲れ果て、初めてプロポーズ(内定通知)してくれた男性(会社)とすぐに結婚(就職)したのであった。 

そしてこのたび、わたくしは、離婚(退職)することになりました。

がんばったよ。おれは。 この結婚生活本当によくがんばった。 離婚を考えはじめたのは、結婚してすぐであった。 4ヶ月目、本当にもうだめだと思った時、妊娠した。(日本から駐在員が来て、彼のお世話役になったのであった。) 生まれた子供のためにやはりがんばろうと決心。子育ては楽しかったが、このままこの結婚生活を続けていては、体か精神かどっちか壊す。と思い、ついに離婚届けを出したのである。 じゃーん!

つぎの嫁ぎ先はもう決まってるよ。
今度の嫁ぎ先は、見栄えもよくて裕福そうだ。やっぱり結婚(就職)はこうでなくっちゃね。

置いてくる子供(日本からの駐在員)がちょっと心残り。
お母さんはおまえを置いていくよ。 でも、今度こそ、幸せになるからね。
おまえもがんばってね。
[PR]

by akkohubb | 2007-06-16 16:44
2007年 06月 12日

造顔マッサージだ! その2

この田中せんせー、どう見ても40代くらいなのだが、実は60歳を超えているという。
10歳くらい若く見える人はいくらでもいるけど、20若くみえるなんて、森光子とこのせんせーくらいなもんよ。 よし。おれも20若返っちゃおうじゃないの。っつぅことは、はたちか。いいねぇ。

さて、田中せんせーのマッサージはどんなもんかというと、
顔についた余計な肉をぎゅーっと耳まで伸ばして、そのまま、肉を耳んところにあつめてリンパ線にそって首の中に流しちゃうっつぅかんじ。 顔の肉をもちあげたり、横にひっぱったり。 せんせーも、「だれもいないところでやってくださいねぇ」と言っていたが、びよーんと伸ばした顔は本当に恐ろしい。 ところがテレビの中のモデルさんは伸ばした顔も美しいのであった。
あごから耳にむけて余計な肉をひっぱりあげていく。 するとどうよ。 おれの顔って四角いのかと思ったら、なんと、かがみに映るその輪郭は キョンキョンじゃないの!おおお。
だけど、手をはなしたら、またぺヤングソース焼きそばにもどっちゃう。 きっとこのマッサージをやりつづければいつかは、手を離してもキョンキョンでいられるようになるのねっ。そうよね。せんせー。
さっそくノリに見せる。ちょっと、ちょっと、こうすると、私の輪郭、キョンキョンみたいでしょー?
とあごの肉をぐいっと持ち上げる。 そのぶん顔も小さくなるでしょー? まぁ、手を離すともとにもどっちゃうんだけどさぁー。
「ちょっとー、あっこ。その小顔って、キョンキョンっつうか、くっしゃんおじさんみたい。わはは。わはは。」   くっしゃんおじさんかぁ・・・・。

田中せんせー。あなたを信じていいのですよね。  


つづく→
[PR]

by akkohubb | 2007-06-12 13:04