<   2006年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2006年 05月 25日

かつん

芸能ニュースを読んでいたらカメナシくんという20歳の男の子が小泉今日子と交際と書いてある。私は昔から小泉今日子が大好き。顔がかわいい。声がかわいい。雰囲気がかわいい。 カメナシくんという青年はまだ見たことがないけれど女の人の好みがおれさまと同じということで好感が持てる。 ノリに話したらえええぇぇ。とくやしがった。くやしがるということは、自分にもチャンスがあるとでも思っていたのであろうか・・・。・・・まさかな。どうやらノリはこのカメ青年を知っているようだ。知ってるどころじゃなくてファンなんだって。 すっごいかわいいんだよー。すっごい人気なんだよー。かつんのメンバーで・・。ちょっと待った。それはカトゥーンではないのか。いや、かつんだとノリは言う。まぁ、グループの名前などどうでもよし。そのカメは一時期の木村拓哉くんのように日本中の女をトリコにしているらしい。(本当なのか。) 日本中の女の中から小泉今日子を選ぶなんてもしもしカメよ。センスがいいぞ。
それにしても年下の青年と交際かぁ。いいなぁ。
お友達のお誕生日パーティーに行ったとき、そこに20代の青年が来ていてノリが目を輝かせていた。「うわぁ。20代なの? 20代の日本人男性となんか、話したことないわ。」挙句の果てには「あなたかわいいわねぇ。」とすっかり舞い上がっていたっけ。20代ならなんでもいいのか。おい。
娘のテニスチームの男の子たちはみんなかわいい。ベトナム人とアメリカ人のハーフのJのかわいいこと。彼は高校生だ。大きいたれ目は私のもろ好みの顔。テニス焼けした肌はチョコバター色でつるつる。 イタリア人のGもすっごくかわいい。ああ、こんなコがおれの息子だったらなぁ。
20代より10代のほうがもっともっとかわいいぞ。ノリ。 
[PR]

by akkohubb | 2006-05-25 13:26
2006年 05月 20日

胃カメラ

数ヶ月に1度胃だかお腹だかが痛くて死にそうになるときがある。
あの日もあまりに痛かったのでとうとう医者に電話して相談した。 まずはカウンセリングのアポイントメント。どこが、どういうふうに痛いのか。いろいろ質問される。それはおへその上なの?下なの?って今聞かれてもなぁ。今はどこも痛くないんだからわからんよ。 家族でがんになった人は?いません。胃潰瘍は?あ、父が私くらいの歳のとき、胃潰瘍で胃を何分の一か切り取ってます。と言ったらすぐ胃カメラ検査の予約をとらされた。 日本人は一番胃がんの確率の多い人種なんだって。家族内に胃の病気の人がいる人はもちろんのこと、あなたの年齢になったらみんな胃カメラ検査を受けておいたほうがいいとのこと。日本のみなさん。そうらしいっすよ。
で、きのう行ってまいりました。胃カメラ検査。 カメラを入れる前にまたまた100の質問攻撃。薬のアレルギーは?・心臓病は?・糖尿病は?・整形手術は?えええぇ。そんなことまで聞くの?してたらもっとましな外見だっつーの。豊胸手術は?って、見りゃあわかるだろう。見りゃぁ。 LIVE WILLはありますか。なんですかそれは。よくよく聞いたらWILL-遺書のことか。ええぇ。それは今日この検査中におれは死ぬ可能性があるということか。怖いこときくなぁ。「家の下に5億ほど埋めてあります。」って言おうかなと一瞬思う。ただでは死ぬもんか。死んだらまわりを大混乱にさせてやる。 麻酔で半分眠っている状態になっているので検査はあっという間に終わってしまった。 写真をみせてもらった。へぇ。これがおれの胃の中かぁ。きれいなピンク色。健康そうだ。体の中をこんなふうに見るなんてなんか「ミクロの決死圏」みたい。 異常は見られないがあなたは日本人なので5年に1度は検査したほうがいいでしょう。とまたここでも言われる。日本のみなさん、そうらしいっすよ。
それにしても日本じゃ、麻酔なしで胃カメラを飲み込んでいくんだってね。なんとヤバンな。そんな恐ろしいことおれはできんよ。そういえば日本人は麻酔なしで子供だって産んじゃうんだもんな。 日本人。恐るべし。

ノリさん、ご心配ありがとう。
ピロリ菌はいなかったぞ。
[PR]

by akkohubb | 2006-05-20 10:35
2006年 05月 13日

あっこのことわざ主義

客人とすごしたわははな1週間のあとはわはは。とばかり言ってられないような事がつぎつぎとおこる。 青菜に塩の今週のおれ。  まぁ、そりゃそうだよな。 苦あれば楽あり。 昔の人はいいこと言うなぁ。  口は災いの元のようなできごとが起こる。 後悔先に立たず。やけに長いのどもとのような気がしないでもないが(ろくろっくびか。)のどもと過ぎれば熱さ忘れるのであろう。失敗は成功の元だ。 なんて思ってたら泣きっ面に蜂が。 あーあ。 わが身をつねって人の痛さを知る。雨が降ったから地が固まりますように。 いろいろ考える。 下手の考え休むににたりっだっつーの。 本当に果報は寝て待ったほうがいいのかも。 

こけつに入らずんば虎子を得ず。おけつに入ったら虎子は死ぬ。 わはは。笑う角に福は来るのか。
[PR]

by akkohubb | 2006-05-13 15:33
2006年 05月 09日

いい服着て来いって言うなら給料をあげてくれよん。

会社が引越しした。
今回もまた別の会社に間借りする形だ。 引っ越す前に何回か新しいオフィスを見に行った。 今までは社長同士が友人関係にあり、とてもカジュアルな雰囲気であった。服装もわりとなんでもよかった。でも今度の会社はもっとまじめな感じ。オフィスマネージャーの女性たちの服装もかっこいい。 社長に呼ばれる。 今度の会社の人たちの服装についてどう思うか聞かれた。「皆さんきちんとしてらしてかっこいいです。」  そしてその後おれは実にいやらしい、かついやぁな言い方でこれからは服装にもっと気をつけなければいけない旨を注意されるのだった。
おれは郷に入ったら郷に従う人間よ。言われなくてもそうするつもりでいたさ。 まぁ、相手の会社に失礼がないようにこれからはきちっとした格好をこころがけてくれ。と言われればおれも納得するよ。 だけどはずかしめをうけさせるようなあの言いようはなんだ。 いやぁな気持ちになった。 女が「きみの服装はちょっと・・・・。」と言われるなんて、男が、「あなたのセックスはちょっと・・・・。」と言われることと同じくらいいやな気持ちになると思うよ。 

引越ししていいこともある。
今度のオフィスはなんと広々とした個室だ。ドアを締め切ってノリに電話する。 鼻くそだってほじくれちゃうよ!
[PR]

by akkohubb | 2006-05-09 06:09
2006年 05月 07日

わははな人たち 2

CPAの受験のためにけつおが来た。
いつものようにグアムで受ければお金もそんなにかからないし、時差も少なく体調を整えるのも楽であろうのに、わざわざこの地を選んで会いに来てくれたことがすごくうれしかった。

声をかけたら友達が飛んできた。
ゆっこちゃんは体調が悪いのに薬を飲んで来た。盛り上げ役になって、みんなを楽しませてくれた。あのロールケーキを作ってきてくれた。
vbayareaさんは仕事が終わってからお土産をたくさん、たくさん持って2時間もかけて来てくれた。
ぶんさんはおいしい手料理とおうちで咲いているバラをきれいなブーケにして持ってきてくれた。
Kazukoさんはその日は忙しかったのにケーキを持ってあとからかけつけてくれた。
マリはわざわざ半日お休みをとってサンフランシスコ市内を案内してくれた。地元の人と行くサンフランシスコはスムーズでとても楽しい。マリは家族も同様。いつ会っても楽しい。
サンフランシスコにいっしょに行ったノリはなくてはならない相方だ。
ケンとエミリーが何か話してる。 「I like her very much. 」「 Me too」 ふたりとも私の新しい友達をすぐに好きになった。 私たちって気が合う。

今の自分に大満足というわけではないけれど人のことがうらやましくなくていられるのはこういう人たちに囲まれているからだなぁ。と思う。 いい人いっぱい持っているから、いいものいっぱい持っている人がうらやましくて死にそうにならずにすむのだな。

それにしてもだれをとってもわははな人たち。 わはは。わはは。な1週間であった。
わはは。と笑いながらけつおは帰っていった。
[PR]

by akkohubb | 2006-05-07 02:53