<   2006年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2006年 04月 29日

わたしってけちだったの?

以前、経理をしている会社のオフィスで使うものやみんなで食べるものをちょこっと買ったらRが「だめよ。自分のお金なんか使っちゃ。」 Rはこの会社の社長が嫌いなのだ。 「ここの社長なんかハンバーガーのひとつまで経費で買ってるじゃないの。そんでもって私たちの安月給はどうよ。」 そうれもそうだ。経理担当者として人さまの収入を他言するわけにはいかないが、彼の月収はおれの年収より多いんだっけ。なんでおれが会社で使うものを自分のお金で買うのだ。Rの言うとーりよ。やめた。やめた。 そうなってくると会社のために1セントも払いたくない。ここのオフィスの人たちはおれとR以外みんな高収入なのだ。家で食べ切れなかったおかしなどを持ってきてみんなにわけるのさえいやになる。
自分がけっこうけちだったことにびっくりする。
おれはどちらかというと財力が許す限り払ってもらうより、払いたいほう。 え、あっこさん。おごってもらったことなんかないよ。とあなた今思いましたね。 財力が許す限り。と言ったでしょう。財力が許さないんだもん。今んとこ。
そしてRはもう少し収入のいい会社に移ってしまった。
Rの後に入ったK。 すっごくいい人で気前がいい。お昼休みにCostcoに行ったからと大きなピザを買ってきてみんなが食べれるようにオフィスのキッチンに置いている。おかしを持ってきてみんなにわけている。自分がランチに出かけるときは必ずみんなに何かいりますか。と声をかける。 ああ、おれはじぶんのけちんぼがすごーくはずかしくなって反省した。
お昼休みに出かけた時スーパーマーケットの前を通りかかった。Kは甘いものが大好きなんだっけ。Kにブラウニーファッヂのアイスクリームを買ってってあげよう。そうだ。オフィスのみんなで食べよう。

高級車ばかりが並ぶオフィスの駐車場に着いたらまたけちんぼ根性がぶりかえしてきた。 やっぱりやめた。やめた。K以外にはあげたくない。 買ってきたアイスクリームをてんこ盛りにしてKとふたりだけで食べた。
[PR]

by akkohubb | 2006-04-29 16:29
2006年 04月 26日

けちんぼと節約上手をいっしょにしてはいけない。

けちがきらい。
だけどけちんぼと節約上手をいっしょにしてはいけない。
庶民派奥さん雑誌で見た山口さんはペットボトルに水を入れて黒い袋に入れてベランダに出しておくんだそうだ。お湯をわかすときに太陽の熱であったまったその水を使うとガス代の節約になるらしい。それでいったいいくらの節約になるのかは知らんが、(1円か?)山口氏の少ない月給から(余計なお世話)上手にやりくりしているようだ。すばらしいじゃないの。 山口氏、いい奥さんもらったね。 横山さんは人と話す用事があるときその人の留守をわざとねらって電話して留守電にメッセージを入れておいてその人にかけさせる作戦。なにが作戦だ。これはいかん。電話代の節約と言っているがこれは節約ではなくてけちんぼだ。 横山さんとは友達になりたくない。 では、はたして中村さんの水道代節約のため、大きいほうをしたときしかトイレを流しません。というポリシーはけちんぼか、節約上手か。 ここまでくるとよくわからん。 どうどうと雑誌で宣言しているところもすごいな。 この節約方法にここんちのご主人は賛成しているのだろうか。 おれだったらちょっといやだな。
[PR]

by akkohubb | 2006-04-26 15:02
2006年 04月 24日

サンディエゴに住む甥(4歳)がうちに泊まりに来た。
エミリーが友達と映画を観に行ってしまったので、わたくしが甥のお相手役になる。 かわいいS。 ああ、アーミー模様のスーツケースにぬいぐるみと車が入ってる。男の子ってかわいいなぁ。 Houseしよう。とS。いいよ。しよう。しよう。Houseとは日本語ではお母さんごっこか。だけど、Sはお父さんなのでお父さんごっこだな。おれはてっきり夫婦役をやらせてもらえると思ったら、赤ちゃんになって。だって。ちぇ。赤ちゃんか。 朝ごはんにチョコレートを食べる。仕事に行く前になにか、書いているので 「なに書いてるの?」と聞いたら 「ベビーシッターにわたすチェック(小切手)を書いているのだ。」だって。なるほどな。アメリカ人ね。 お父さんが仕事にいってるあいだ、おれさまのめんどうをベビーシッターがみてくれるわけね。 お父さんは仕事に出かけたがすぐに帰ってきた。「夕ごはんには何を食べるの?」と聞いたら、「ピザかパスタ。」だって。アメリカ人ね。これが、日本の子供だったら ハンバーグか、カレーとか言うのかな。 ぱくぱくぱく。食べるまねっこ。 「テレビを見るけど、これは子供が見ちゃいけない番組だからアッコはあっちで遊んでいなさい。」だって。 えええ。そんなのありー?厳しい親だなS。 「さあ、寝る時間ですよ。」 はーい。Sのブランケットにもぐりこんだら怒られた。 「子供は自分のお部屋でちゃんと寝なさい。」だって。えええ。ますます厳しい親だなSくん。 そして朝。チョコレートの朝食。そして同じ1日がすぎる。エミリーが帰ってくるまでおれはこれを100万回やらされることになる。

本当の夜9時。Sのためにエミリーのベッドの横に布団を用意する。 「ボクが寝付くまでいっしょにいてくれる?」 なんてかわいいSちゃん。 もちろんよ。 Sの横にねっころがる。おばさん、朝までだっていっしょにいてあげたいわ。と、くっついたら、「くっつきすぎ。」と注意されてしまった。
[PR]

by akkohubb | 2006-04-24 10:19
2006年 04月 22日

男のかばんの中にはいったい何が入っているのだ。

わたくしはあまりバッグを持ち歩かない。 出かけるときジーンズをはいていることが多いので、全部ポケットに入れちゃう。 男らしくてかっこいいでしょ。 左前ポケットには口紅、右前には小銭と携帯、後ろ右には財布、後ろ左には鍵。 数年前は財布も持たなかった。ポケットが膨らむから。 お札クリップにお札とカードとIDをはさんでポケットに入れいていた。それにはさすがに母親があきれかえり、すぐに財布をくれて持たされた。 男の人でかばんを持ち歩く人のかばんの中には何が入っているのかな。 よくある雑誌のパーティーファッションで、ドレスを着ているのに、バーキンだかパーキンだか知らんが大きなバッグを持っている人はなんなのかな。 
今日はゆっこちゃんとピーツコーヒーで待ち合わせ。お互いの誕生日を祝うため金額を決めたプレゼント交換を恒例としているのだ。ゆっこちゃんからいただいたものは私好みのかわいいものであったが、「これは母から。」と渡されたものに目が釘付け。すっごくかわいいきんちゃくの袋が二つ。エミリーちゃんとお母さんに。と書いてある。ひとつは赤ベースでなんと赤ずきんちゃんの模様。ひとつは青ベースのお花模様。パッチワークになっていて、それはそれはかわいいきんちゃくだ。例によって今日もバッグを持っていたなかったので、テーブルの上に置いた携帯と鍵と財布を入れてみる。うわぁ。かわいい。大きさもぴったり。 お会いしたこともないゆっこちゃんのお母様が私とエミリーに・・・・。 あぁ、ブログをやっててよかったと思うのはこんな時。
家に帰ったエミリーがケンに自慢している。「ゆっこちゃんのママが作ったんだよー。作ったんだよー。」と何度も言っている。 そうか。エミリー。バッグは買うもの。こういうものを作れる人がいるということをこのコは知らないのだな。 
夜ケンがライブミュージックを聴きに行こうと言う。 今日はちょっと化粧していくから待っててくれ。すっごくかわいいバッグを持って歩くからおしゃれしないとな。 きんちゃくバッグとおそろいの赤い口紅をぬった。
[PR]

by akkohubb | 2006-04-22 15:21
2006年 04月 19日

荒てーぶるあっこ

A la Table kazuko ファンのみなさま。ごきげんよう。荒テーブルakkoです。
行って参りました。A la Tableのゆうべ。そう。トリュフをかたまりのままパンにはさんで食べてしまうあのA la Tableです。 しかも今回は相方ノリといっしょだよ。 ノリから電話がある。「どうしよう~。何を持っていけばいいのだ。」「料理の先生のうちに料理もなかろう。やっぱり花だな。春の花なんてどうだ。」「食べたことないだろうからケンタッキーフライドチキンはどうだ。」等のやりとりのすえ、やはりお花ということに。わたくしはケーキを買いましょう。
さて、A la Table宅はブログのお写真のとおりのすてきなお住まい。リモデルされたキッチンはまさにお料理の先生のキッチンであった。お。炊飯器は業務用だ。これだと玄米がおいしく炊けるらしい。そうそう。A la Table Kazukoはマクロなんとかとかいう食事療法を実践されているのだ。 よかったよ。油づけのケンタッキーフライドチキンなんて持ってかなくて。
この前菜らしい生肉はいつまでもそこに置いてあるけどいつ料理なさのかしら。 それは生ハムだっつーの。 あらやだ。このチーズはかびだらけだよ。 それはブルーチーズだっつーの。 相方ノリ。ボケているのか。本気なのか・・・。 そして本日のメインはラム(!)のサンドイッチ。 ラムだよ。ラム。こっそりにおいをかいでみよう。 ・・・くさくなかった。おフランスの塩で味付けされたラムのおいしいこと。 ポテトグラタンは絶品。 ふるえあがるほどのおいしさであった。いいなー。ここんちの子供はいっつもこんなにおいしいものを食べているのねぇ。 いつも思うんだけど、お料理の上手な人って、盛り付けもすっごくきれい。おいしいお食事は食べる前の見た目から始まっているのよね。 
ワインを飲みながら遅くまで楽しいおしゃべりはつづく。 わはは。わはは。な夜であった。
[PR]

by akkohubb | 2006-04-19 16:12
2006年 04月 13日

ああ、動かないすしが食べてみたい。

誕生日は何を食べたの? とゆっこちゃん。
そりゃあ、誕生日はすしよ。 ヒロと同じ発想だ。とゆっこちゃんは言ったけど、発想はおなじでもおれのはまわるやつだ。、前にvivid memoriesで見た塩をつけて食べるとかいうあのすしの写真が頭に浮かぶ。いいな。おれも動かないすしが食べてみたいよー。 よーし。来年の誕生日には止まってるすしを食べちゃうぞ。
週末はケンの実家に。 アッコのすきなものをくつるからリクエストしてね。だって。うれしい。 ラムのバーベキュー。ミントジェリーをたっぷりつけていただきます。 そういえば前にこのラムのバーベキューをケンの実家で食べたときこんなことがあった:
エミリーが「まずいよー。食べたくない。」と隣で小声の日本語でぶちぶち文句を言っている。こういうとき日本語は便利だ。 「食べるものに文句を言ってはいけません。」「でもくさいんだもん。」
「ラムとは少々くさい食べ物なのよ。」「くさいよー。」「いいからだまっていただきなさいっ。」 だまって食べだしたがすごくいやそうな顔をしている。まったくごちそうになってその態度はなにごとだ。そんなにいやならこっちによこしなさい。と一口彼女の皿から肉をとって口に入れた とたんに出しちゃった。 げ。すっごいくさくて、すっごいまずい。 この肉はくさってるぞ。あまりのまずさに胃の中のものがこみあげてきそう。 エミリーの肉がくさってる! ケンの妹がどれどれ。とひとつ口に入れた とたんに皿の上にげー。と出していた。 え。どれどれ。とパパとママ。そしてげー。 アルコールで消毒しましょう。とワインをがぶがぶ飲む。 エミリー、こんなにまずいものをよくそこまで食べたわね。とみんな驚いている。「だって、ママがとなりでこわい声で文句を言わずに食べろと言うんだもん。」となみだ目。 かわいそうなエミリー。ごめんよ。でもちょっと笑える。わはは。
先週末のラムはフレッシュでジューシー。ピンク色のほどよい焼き加減でとってもおいしかった。すばらしい誕生日ディナーであった。

エミリーは食べる前にこっそりにおいをくんくんかいでいた。
[PR]

by akkohubb | 2006-04-13 12:24
2006年 04月 12日

アップルパイ

パイを食べにマリーカレンダーに行く。
マリーカレンダーはパイの種類の豊富なファミリーレストラン。

What kind of pie do you want?  かわいいウエイトレス。
オッパイ プリーズ。いっひっひ。

ケニオ、いいぞ。そういうギャグは大好き。 わははと笑い転げるケニオとエミリーとわたくし。なにがなんだかわからないウエイトレスはこのあやしげな家族を不思議そうにながめるのだった。
[PR]

by akkohubb | 2006-04-12 13:52
2006年 04月 02日

一人勝負

たとえばポッキーを食べるとき、折らずにチョコレートの部分をべろべろ全部なめてプリッツ状態にしたら勝ち。高速で車線のぼつぼつをふまないで車線変更できたら勝ち。信号に一度も止まらないで目的地にたどりついたら大勝ち。 日常生活でおれはよく一人勝負をする。負けたからってどうなるってもんでもないんだけど、勝ったらうれしい一人勝負。
最近なんだか頭にくること続きで、この怒りをうまく消化するために一人勝負にでてみました。
頭にきてもふてくされなかったら勝ち。 頭にくるのはしょうがない。 ムカつくと思う気持ちはコントロールできないけど、そのときの自分の行為はコントロールできるはずだ。反論しなければならないときはふてくされないで、攻撃的にならないように。 まあいいか。と流せることはさらりと流す。とにかくふてくされない。 
この勝負。けっこうむずかしいんだよー。
洗濯物をたたみ終わったときに全部のくつしたがちゃんとペアーになっているという一人勝負とおなじくらいむずかしい。
でもおれさまはこの一人勝負にずっと勝っているのだ。 えっへん!

家に帰ったら「ママ、今日なんかいやなことあったんでしょー。きげんわるくてかんじわるーい。」子供にばれてるじゃん。 やっぱりこの一人勝負には負けていたようだ。 わはは。
[PR]

by akkohubb | 2006-04-02 07:10