<   2005年 09月 ( 16 )   > この月の画像一覧


2005年 09月 30日

姐さん堪忍どす。 許さないわけにはいかないっしょ。

ベイエリアはん一押しの「さゆり」を今頃読んでいるんだけど、そのお話の内容もさることながら私が強く心惹かれるものは芸妓さんの話し言葉だ。なんてかわいらしい言葉づかいなんでしょう。京都出身の知り合いがひとりもいないのでわからないけど、京都の女の人はみんなこんな風にはなしはるのどすか?
先生たらうちの顔も見とうないにゃて。
先生。これをお納めしとくりやす。 ・・・どす。どすがな。 堪忍しとくりやす。なんて言われちゃぁ、許さないわけにはいかねーよ。
そういえば数年前にTVJAPANで見たおしんの山形弁もよがっだなぁ。
なしてこうなんだべ? 許してけろ。なんて言われちゃぁ、許さないわけにはいかねーよ。
流転の海に出てくる愛媛の言葉も大好き。 言葉の最後になァしをつけるのはこの地方の最高の丁寧語であり尊敬語である。と書いてある。 いいですなァし。 情緒がありますなァし。
熱海の実家の近所の小学校にエミリーが体験入学をしたとき、先生は静岡弁で、いいら?できるら?ちがうら?と疑問符に ら?をつけていたらしい。 エミリーはあの先生まことちゃんみたい。 なんでも「ら」をつけるのら。と言っていたがエミリーくん。  それはちがうのら~。
ノリは相槌をうつとき茨城弁になってるのを本人は気づいているだろうか。 んん、んん、そだべ。そだべ。んん。あっれまぁ。んん、んん。 んっだなぁ~。んん。んん・・・・・
あ、日本人の学生の男の子とはなしをしていた時、つい気を許して「おれはさぁー。」って言っちゃったら、あっこさんて秋田の出身なんですか?と言うから、ちがうわよ。どうして?と聞いたら、うちの秋田のばーちゃんも自分のことおれって言います。と言われちゃった。
[PR]

by akkohubb | 2005-09-30 11:10
2005年 09月 28日

Thank you for your prompt payment 2

どこの会社の社長もそうだと思うが、うちの社長もパートナーもお金の心配(入金)ばっかりしている。支出が多い会社ならともかく、支出のほとんどは社長とパートナーの給料だ。会社運営費はそれに比べたら微々たるものよ。あ、だから余計に心配なのかぁ。
前にも書きましたが支払いの取立てはわたくし、オフィスマネージャーの仕事。請求書を送ったり、電話したり、挙句の果てには取りに行っちゃったり、お金を受け取るまでしつこくくいさがらなければならない。
今日も支払いの遅れている会社に再度請求書を送って、今日取りに伺ってもよろしいですか。とメールするように社長に言われた。 えええ。そんなにがつがつしなくても大丈夫だよ。契約書にサインだってしてあるんだし、この会社は同じビル内で、しょっちゅう顔をあわせてるんだから。そんな大金いきなり今日取りに行くと言われても、向こうも驚くだろうよ。 でも、言われたとおりにするのが、わたくしの仕事だ。社長に言われたとおりのことを書いてメールを送ったらすぐに返事が来た。 もちろんアッコあてになっている。
丁寧にビジネス的に書いてあるが、要は、そんなにがつがつしなくてもちゃんと払うから大丈夫だよ。という内容だ。わかってるよ。おれだってそう思うんだから。
「それにしても今日払えっているのはすごいね。今日出して、今日できあがる、クリーニング屋のワンデーサービスじゃないんだから。(冗談!)」といやみなジョークまで付いていた。
つまんねーぞ。そのジョーク。 ワンデーサービスどころのさわぎじゃないだろう。 君はすでに20日も支払いが遅れてるんだから。
[PR]

by akkohubb | 2005-09-28 07:23
2005年 09月 27日

トーナメント

週末もりとテニスのトーナメントに出た。
先日ゆっこちゃんと話をしたとき、「最近テニスはどんどん下手になるばかりでもうだめだ。」というようなことを言ったら、「だったら上手な人と組んでやればいいのよ。」と彼女は言った。 ゆっこちゃん。そのとおりよ。 何回も書いているけど、もりはテニスがうまい。 私はガ然やる気になった。 ガットもグリップも新しく張り替え、テニスのバッグまで買っちゃった。 最近はずっと月に数回しか練習してなかったのに、週に数回しちゃったよ。 でもさぁ、出産でテニスの回数がすごく減ったもりとぜんぜんやってない私とが組んでいきなり優勝しちゃったら毎日練習しまくってるテニおばたちにちょっと悪いよな。勝負の世界とは酷なものよ。わはは。

そして本当に勝負の世界は残酷だった。
あっという間に負けちゃったよ!
ダブルスってだいたい4人の中で1番弱い人がいるチームが負けるんだけど、そのとおりであった。1番へたなのはおれだよ。 おれ!
私がミスしても、もりはいつもにこにこだ。楽しむことが目的だから。と言ってくれる。
なんていい人なんだ!! お茶を飲みながら残念会をしていたらさっきの対戦相手が来て、 ナイスマッチだったわね。だって。 ほんとか? どこがだ?1時間もかからないで、ラリーもほとんどなく終わった試合のどこがナイスなのか言ってみろ!と胸ぐらをつかんで揺すぶりたかった。 別の人からは「あなたたちが優勝候補だとおもったのに。」と声をかけられる。(おれも。おれもそう思っていたんだよ。) そういう彼女たちこそ優勝候補だ。シードがついている。 彼女は3年前にテニスをはじめたばかりらしい。 えっ。3年前。それでいきなりシードなの?
おれはテニス暦30年とは言えなかったぜ。
[PR]

by akkohubb | 2005-09-27 10:59
2005年 09月 26日

この世で1番うたのうまい男

週末、Cさんのお子さんのピアノの先生のリサイタルに誘っていただいた。CさんとAさんはもともとはノリのお友達で、このようなイベントがあると、私もときどき誘っていただくようになった。
ふたりとも社長婦人で、優雅な暮らしぶりがかっこいい。
さて、ピアノの先生のリサイタルもさることながら、本当の目的はスペシャルゲストとして、出演するCさんのご主人だ。
このご主人、ただの会社社長じゃないんだよ。な、なんと、NHKのどじまんサンフランシスコ大会のチャンピオンなのだ!
日本ではどうだか知らないけど、(っつーか、おれは日本にいたときは見たことがなかったんだけど)NHKののどじまんが来るぞ。というニュースはベイエリアに住む日本人にはちょっとした話題となった。(ちなみにノリは書類選考落ち。書類を送るだけすごい!鐘がなったときのリアクションまで考えていたらしい。 ノリ・・・。) のどじまんの本番はみんなで会場まで応援に行ったんだけど、まぁ、彼のうたのうまいこと、うまいこと。後から出てきたサブちゃんがお気の毒であったわ。(2階席からもあの鼻の穴がばっちり見えたぞ。)
今回のリサイタルでも彼はうまかった。 すごかった。 この世で1番うたのうまい男だ。
お~~とこには~、自分の~世界がある。たとえるなら~、空を駈けるぅ~、ひとすじ~の流れぼしぃ~。 おお。ルパン三世だよ。 うっとりと聞いていたのであるが、家に帰って、ベッドの中で目を閉じたら、耳に残っている彼の歌声が頭のなかにこだまして、一晩中眠れないことになるとはその時は知る由もないおれであった。
[PR]

by akkohubb | 2005-09-26 15:10
2005年 09月 25日

職場体験の子 Byユーコ

ノリ。
あなたは覚えておいでだろうか?まだ、スリーエフという夢のような世界にいた頃、店に
「職場体験をさせてもらいたい。」と言って来た、顔が虫みたいな中2の女の子のことを。
不幸にも声帯を持たないその子はお目目もロンドンとパリを向いたまんま、意志伝達の手段もなく、ただ立ち尽くすのみでしたよね。
普通、女の子が職場体験を選ぶばやい、2,3人の仲良しグループでヨーカ堂とかマックとか華やかな職場を選ぶものだが、その子はたった一人、、しかもスリーエフ、、、どうしたものか、これ。
そしてノリさま、あなたも思ったでしょう。
「いったいどーなるんじゃー!!」って。

そうなんです・・・
永遠に訪れて欲しくなかったそのXデーがとうとう、本日 来てしまいました。。
10時少し前、その子はやはりこの前と同じように、いつの間にか店の中にボォーーっと現れておりました。
空間移動の術でも使ったのでしょうか・・気配もなく忍び寄るとはこの事です。
(ギョえっ。来ちゃったじゃん。)
相変わらず、声帯をやられてしまっているようで挨拶らしきものはございませんでした。

ではまず,始めるに当たってエプロンをかけてもらいましょう、と新しいグリーンののやつを差し出し、待つこと10分。
今度は待てど暮らせど現れません。「どした?」見てみると、背中でバッテンになるはずのひもが首っ玉のまわりで3重にも4重にも巻きついちゃって、もうしっちゃかめっちゃか。あいやぁ~~、ひもがすごいことになっちゃってるねー。
これじゃあ、首絞めの刑だぁね。
職場体験で疑惑の窒息死!っつーのもどうかと思われたので、丁寧にほどいてやり、背中でバッテンにしてやり、
「はい。あとは自分のちょうどいい長さで調節して結んでね。」と、本人に任せた。待つこと5分。いや、8分。
後ろ手のひも結びは事の外、難しかったらしく、ひもは依然としてだら~ん。
業を煮やしたヒロシ店長、自らが中腰になって 紐を結んでやっている始末!中2女子だよ。保育園児じゃないよ。
でも、そうだいね。そうだいね。早くひもを結ばないとお昼になっちゃうもんね。本人に任せたあたしが悪かったよ。
っつーことで、数十分かけてエプロン装着無事完了。はい、めでたしめでたし。
(スリーエフも何人も職場体験の中学生を受け入れて来たけど、エプロンが装着できなかったのは、初めてだ。
 目からうろこだった。。。)

では、お次はジュースの品出しでもしてもらいましょか。
みかちゃんが、手押し台車を持ってきてこれでジュースを店内に運ぶよう指示。
だが台車を押すそのこの手はまるで、免許取り立てで車のハンドルを握るあたしのようにおぼつかないぞ。
慎重に左よーし、右よーし、後方確認よーし。はい、しゅっぱーつ。
ガタゴト、ガタゴト。
バックオーライ。バックオーライ。バックは危険が潜んでるぞ。気をつけろ。
扉付近のクランクは直角に曲がって はい、無事、ジュースの陳列ケースにとーちゃーく!
そこで、台車の中に入れて運んできたジュースを出して並べる! 
って、台車の中見たら、ジュース2本かよ!? 台車使って、わずか2本運んで来たのかよ!?
すごーく燃費、悪いし。 ってか、2本なら素手で運べよ! 
その後1時間、ジュース出し。 台車に入ってるジュースの数、2本から3本へ。 すばらしい進歩をとげた。
にしても、余りのスローペースにコマ送りを見ている様だ。
「やることが遅くて、、、」わたしとみかちゃん、ぼやく。
しかし、ヒロシ店長、「いんや、いいんだ、あの子は。あれでいっぱい、いっぱいなんだ。あんでも一所懸命やってんだべ。見てっと、体は小刻みによく動いてんど。」
おお。ヒロシ店長、さすがです! お心が広い。 そうですか、体・・・小刻みに動いてるんですね。
小刻みに動かして、あの子なりに頑張ってるんですね。 そうっすか。。。

ジュース入れもやっとこ、さっとこ終わり、お次は、、、
パンの品出し。 ラベラーで値段を付けてね。 ヒロシ店長、ラベラーの使い方を教える。
数字を合わせて、ガシャンと強く握って出てきた値札シールを商品に貼り付ける、と。
いち、にの、さん! はい、ガシャン。
って・・・・で、できない。がしゃん、が。
おいおい、握力ゼロっすか? ラベラー、鉄のように重すぎまっか?
ガシャンしないからシールが出てこねー。 
もしもし、ラベラーの中 覗いたって、出てねーもんは出てねーよ。 
(やべ。このままでは、またお昼になっちまぁ。)
業を煮やしたヒロシ店長、またもや自らその子の手を握り、一緒にガシャン!
おー、今度は出て来た。
「おー~。出たねぇ~、シール。お上手、お上手。はい、はくしゅー。パチパチパチ!」
何度も確認するが、これは中2の職場体験だいね? 保育園児の園外保育じゃあ、ねーよな・・・
でもたしか、ノリの娘サラは3才で、教えなくともガシャンができたよねぇ、上手にさー・・・
そうかぁ。サラちゃんが天才なだけなのか。 そう思うことにしよう。寛容の心で。
そう思えば、なんてことねえー。だいじ、だいじ。 難しいのよ、ラベラーは。そう、むずいの!ラベラーは。

そんなこんなで、気がつけばもう、ほんとにお昼じゃん。
その間、発した言語は「あのぉ・・・レジに・・・お客さんが・・来てる・・・けどぉ・・・」
「お。お。お弁当って・・・お客さんがぁ・・・」
おーよしよし。そうか、お弁当を買いに来たお客さんがレジで待ってるんだな。
聞き耳立てて、想像力を最大限働かせて聞けば、何とかなるぞ。
ヒロシ店長も言っていた。「知恵遅れかと思えば、そーでもねーど。蚊のなくような恐ろしくちっちゃい声で
‘いらっ・・しゃい・・ませ・・・’って言ってんど。口んところに耳を持ってけば聞こえんど。」と。
お~。でかした!
声を持たないあの子には「いらっしゃいませ、と言ってね」、などとは教えなかったのだ、だーれも。
それでも、ちゃんと言ってたんだ。聞こえない声で。へぇー。へぇー。
お昼は持参の弁当。事務所で食べてもらう。
みかちゃんが「揚げ物とかジュース、好きなのを持ってきていいよ。」とやさしく言ったが、
聞こえない声で「今日は職場体験に来てるので、それはいいです・・」と低調にお断りを入れたと。
おお、学校で先生に言われたとおり、答えられたな。

午後からはわたくしと一緒に野菜のしごと。
でも、キャベツのラップは遠慮してもらおう。 野菜より先に自分の手をラップしちゃいそうだからね。
わたしめがラップしたバナナをはかりに載せてシールを貼る作業は、微かな笑みを浮かべながらやっていたぞ。
楽しかったのだろうか・・・
わたしが「中学生をこんなにこき使っちゃってゴメンネ。」と言ったら、ちぃ~と笑ったど。
お。うけたのか?
そして、なんとか2時。一日目、終了。はぁー、しんど。
帰り際、なにやら、私の前でぶつぶつ・・・「今日は職場体験をさせてもらってありがとうございました。。。。」と言っているもよう。おお、これも学校の先生に言われたとおり。 はい、よくできました。
「はい、ご苦労様でした。こちらもお手伝いしてもらって助かりましたよ。」と最大級の誉めことば。
あの子の虫みたいにちっこい目にまた、かすかな笑みが・・・よ、喜んでる。。

アー、明日一日の辛抱だ。
ふんでも、あんなのろ間でも、「あれがあの子の精いっぱい。」と思えば、不思議と腹は立たないもんだぁね。
人間、気の持ちようってことっすか?
あの子には職場体験。
あたしらには職場大変。 おあとがよろしいようで。。。ち~ん。



*スリーエフ: ユーコとノリの実家
*ヒロシ店長: ユーコとノリの弟
*みかちゃん: ユーコとノリの義理妹
[PR]

by akkohubb | 2005-09-25 09:04
2005年 09月 23日

きみたち、もっと要領よくやんなきゃ。

夕食時に今日のできごとをはなす。

娘は昼休みにバスケットボールをして遊ぶらしい。今日はコートが全部使われていて、あいていなかったので、インド人の男の子のグループに「入れて。一緒にやろう。」と言ってみたらいやだと断られたらしい。他の子たちもみんな断られた。ところが後から来た、インドのコにはOKが出た。 人種で差別するなんて感じ悪いと怒っている。 甘いな。エミリー君。インド人しか入れてもらえないなら、明日は、眉間に赤い点をつけて行くのよ。ターバンまいてもいいかもね。

夫は新しい職場でまだ習うことがたくさんで、いちいち人に質問しなければならないらしい。
何度も何度も質問に行くのは気がひける。でも聞かないとわからない。聞くほうもいやなんだから、聞かれるほうも嫌気がさしているんじゃないか。と不安そう。 甘いな。 ケニオ君。
ただで教えてもらおうと思うから気がひけるのだ。 ええー。そんなにしていただかなくても。と言われるくらいのランチを彼におごりたまえ。そして、いつも教えてもらってありがとう。とお礼を言うのだ。これであと50回はまた質問できるな。50回たったら、またランチにおさそいすればいいのだ。

まじめなA型のふたり。
きみたち、もうちょっと要領よくやんなきゃ。    おれはB型。
[PR]

by akkohubb | 2005-09-23 15:05
2005年 09月 21日

効果絶大。

おこっちゃいけねぇ、
  おこっちゃいけねぇよ。

と自分に言い聞かせる。 きのうは朝から頭にくることがいっぱいだった。
怒っていい時、怒り狂っていい時ってあると思う。 (好きな人から彼女がいることを故意に隠されていた時とかね。) 不等な扱いを受けたときは怒り狂った方がいい。 でも、がまんしなければならない怒りもあって、きのうの出来事は全て後者であった。
だけど、怒りは腹にためておくとかたまりになって、具合が悪くなる。胃がむかむかしてきてなんだかゲロ吐きそう。 口から出る怒りはゲロではなくトゲのある言葉となって人を攻撃するだろう。攻撃してはならない相手を攻撃してしまう。

そうだ。怒りを尻から出そう。 ランチに寿司を食べに行こう。 いいものいっぱい食って尻から出そう。   ひとりで食べる寿司はうまくもまずくもなかった。
お腹がいっぱいになって気づいたんだけど、おれは便秘であった。 この怒りが形になって、体外に排泄されるまで何日もかかるんだっけ。

マリに電話してみた。この人は30秒に1回笑わせてくれる人だ。あいかわらず、くだらなくておもしろい。 腹にたまった怒りが少し笑いとなって口から飛び出た気がした。
夜、タバサから電話があり、マンガバトンで盛り上がって、大笑いしているうちに全ての怒りが出て行ってしまった。

体の中にたまったいやぁな気持ちを笑いと共に口から出す。
いやぁな気持ちになったらやってみてくれ。 効果絶大。
排泄よりも即効性があります。
[PR]

by akkohubb | 2005-09-21 15:00
2005年 09月 20日

おたくの血がさわぐ!マンガバトン。

子供のとき、うちではマンガは禁止であった。(ちなみにドリフも禁止であった。)読んだこともないので、あまり興味がなかったのだが、あるとき、お友達のうちに置いてあったりぼんを読んで、キノコキノコに感激し、美樹とアップルパイに憧れたのであった。
中学生になって、授業中にいろんなマンガが回ってきた。生徒諸君とか、はいからさんとか。とにかくいろいろまわってきて、いろいろ読んだなぁ。 
それからずっとマンガ大好き。

けっちゃんから受けとったマンガバトン。

【1】 所有している漫画の冊数
わからないけど、人から奪い取ったサスケ全巻と、ガラスの仮面40巻がある。

【2】 今日、もしくは一番最近読んだ漫画
まことちゃん
寝る前に子供に読んで聞かせるのが日課になっています。
おかげでよいこに育っていますのら~。

【3】 最後に買った漫画
これもまことちゃん 先週だったかな。

【4】 よく読む、または特別な思い入れのある3冊
まことちゃん   楳図かずお
アイドルを探せ 吉田まゆみ
サザエさん    長谷川町子
 
3冊だけ選ぶのって、むずかしい。マンガについて語りだしたら、きりがないので、このへんで、バトンをつぎにまわしましょう。

私の友達の中で、マンガの所有王といえばこの人。お誕生日のお祝いをブログにのせたら、みんなに、あの友達は何者なの?と聞かれちゃった。 
「自分になにかあったときには、このマンガは全部カリフォルニアのあっこにあげます。」と一筆書いてもらいたいと申し出たことがあるんだけど、書いてくれたのだろうか。
そちらのブログにはポリシーがあるようなので、コメント欄で書いてくれたまえ。

あと、言わずと知れた、マンガ友達、たばさ。たばさとはまんがの趣味があうの。
ブルームダイアリーで、マンガバトンはやはりまずいだろうか・・。

よろしくたのみますのら。
サバラ!!
[PR]

by akkohubb | 2005-09-20 15:44
2005年 09月 16日

男と男の約束よ。

ビジネスについて友達と話し合うからいらっしゃい。とマリリンから電話があった。マリリンとは将来一緒にビジネスを起こす約束をした仲だ。 マリリンによると、そのお友達は企業に勤めているが、今、自分でビジネスを起こすチャンスがあるらしい。
紹介されたお友達Y子さんはなんと、エミリーの幼稚園でお会いしたことにある人だった。もう10年も近く前のことだ。 当時ご挨拶する程度だったのに、私は彼女のことを鮮明におぼえていた。 だってものすごく私好みの美女なんだもの。
お互いのビジネスプラン(かっちょいいー)を話しあう。 私も彼女もインターネットを使った販売を考えているところまでは同じだが、彼女は発展途上国に目をつけていた。 安い人件費で安く物が作れるから自分のブランドの製品が作れるのよ。 来月にでも視察に行こうかな。と言っている。 お互いの意見を交換しあううちにすごく気が合う気がした。 なにかの話で、「私、男だから。」とおれが言ったら、「えっ。私もよっ。」と彼女は美しい長い髪をかきあげた。
ここにもいたよ。 おとこおんな。 「だから女みたいな男ばっかりに好かれちゃうのよ。」 だって。
それにしてもマリリンもY子さんも今は独身で、うんと若い彼がいる。 いいなぁ。とうらやましがったら、「結婚してるほうがいいわよ。結婚してると余計な男にちょっかい出されないから、余計な心配しないで、ビジネスに集中できるもの。」 おおお。このおとこおんな。ますますかっこいい。
この集まりは定期的に行われることになった。次の回までの宿題を出される。 「男と男の約束よ!」とマリリンとY子さんは言った。
[PR]

by akkohubb | 2005-09-16 15:17
2005年 09月 14日

鳥の視線、飛行機の視線、ロケットの視線

今日は仕事が暇だったので、インターネットで遊んでいたら、すごいおもちゃを見つけたよ。
google earth!
まず、丸い地球が出てくる。カリフォルニアに合わせてどんどんズームインしていくと私の家がはっきり見えた。すごい。すごい。ノリのうちにも行ってみよう。

そうだ。実家に帰ろう! 地球をくるくる回して熱海に合わせる。熱海は山だらけだ。山の中なのと、あの辺の地理がまったくわからないのとで、とうとう実家は見つけられなかった。でもだいたいこの辺だな。 こんなに近くに、画面の向こうにいるのに、こんなに遠い。 ママぁー。会いたいよー。(そう。わたくしはもうすぐ40です。友よ。笑いたければ笑え。) 熱海の海と山を見つめながら涙を流す。(そう。仕事中です。)

それにしても、本当にすごいよ。地球をくるくるまわして、ちがう方向から見てみたり、上空に上がったり、下降してみたり。 鳥の視線ってこう?飛行機の視線ってこう?ロケットってこう?
ホームシックの気を取り直してヨーロッパにでも行ってみよう。鳥になってローマの上空を飛んでいたらあら。もう帰る時間だ。
毎日、仕事で忙しいんでしょう。とたまに聞かれちゃうんだけど、私の毎日はこんなもんです。

google earth. ほんとすごいよ!ダウンロードしてみて!
[PR]

by akkohubb | 2005-09-14 09:17