カテゴリ:未分類( 456 )


2012年 06月 02日

ブロンザーと人面ひざ いつのまにか小僧がひざに。

夏になったのでいいかげんジーンズ以外のものをはいて会社に行きたい。
だけど、冬の間ジーンズの中にしまわれていた足はもう出せないものになっていた。

まっしろ。そんでもってぶよぶよ。そんでもって血管が青く透き通っちゃってるのが見える。あ、血管クモの巣状態。よくおばあさんでこういう人いるよね。私はまだおばあさんではないのにもうこんなものが出てしまったよ。運動不足だからだろうか。
そんでもって人面ひざ。ひざ小僧とはよく言ったものよ。本当に小僧の顔がついてるもの。昔はこんな子いなかったのに。いつのまにおれのひざに住み着いたのだろうか。

日本の人はまっしろ大好きだけど、足がまっしろというのはどうなんだろうか。
カリフォルニアの人は白い足が嫌いです。それはまるでインド人は毎日カレーを食べるとか、日本人はなんでもしょうゆかけちゃうと同じくらいの信憑性あり。
私もカリフォルニアの人なのでなんとかしたいよー。だけど日焼けはもうできないよー。

ということで、今年もセルフタンニングローションを買いました。 ケンが足にペイントするのか。と驚いていたけど、そのとおり。まさに足のペイントなのだ。
毎年、この季節になると必ず買うんだけど、毎年なんか失敗してしまう。まんべんなく塗ったつもりが、塗り残しがあり、足がしましまになってしまった年もあった。これなら塗り残しはあるまいとスプレータイプのものを買ったら液だれしてしましまよりもっとすごい模様が足についてしかもずっととれなかった。宣伝ではきれいな小麦色になるはずだったのに、塗ったら足が黄土色になって、足だけ病気の人の年もあった。やはり白人用なのだろうか。塗ってみたら臭くて死にそー。っつーのもあったな。

だけど今年は、すっごくいいのに出会ってしまった。
それは、ランコムのブロンザー。においもいい。色もいい。まだらにならなくてとてもいい。
今まで試したモノはそこらへんのドラックストアで買ったものだったのでだめだったのだな。

足に少し色がついたら、クモの巣もしみもうすくなった。やっぱり色の黒いは七難隠すな。
だけど人面ひざはそのまんま。小僧の顔が黒くなって心なしかにっこりしているような気がするよ。
[PR]

by akkohubb | 2012-06-02 12:33
2012年 05月 19日

金曜日

午後になると夫ケニオから毎日会社にメールがとどく。
今日はすごくいい天気だからちょっと外にでてごらんとか、いつものんきな内容だ。
私の親と住むようになってから日本語がどんどん上手になり、最近はローマ字メールが多い。
genki?とか、kyo-curry.とか。

今日は金曜日。早く帰ってビールでも飲むか。と思ったところにちょうど届いたメール。
ケニオも同じことを考えていたらしい。

Hurry up come home!
chin-yobi no biru isshoni nomimasu.

ちん曜日....。
ちん曜日かー。

きんとちん。似ているといったら似ているようなきもするし、
同じカテゴリーといったらそうかもしれぬ。
[PR]

by akkohubb | 2012-05-19 12:04
2012年 05月 15日

一般常識。ぐううぅぅ。

人とはなしをしていたら「ぐーのねもでない」だって。
聞いたことあるような気もするけど、そんな言葉使う人いるんだな。
こっそりGoogleに聞いてみましょう。 ぐーのねもでないを知らない人ってけっこういるのね。安心しました。
ぐーは、ぐー、ちょき、ぱーのぐーではなく、お腹すいたぁ。のぐーでもなく、ぐうぅぅ。という、くやしいときに発する言葉なのであった!
そんなこと常識じゃん。何をいまさら。と思いましたね。
いやいや。あなたの常識一般にあらず。ではなくて、おれの常識一般にあらず。

新聞の(web)投稿相談室を見ていたら、
荼毘に付すというという言葉を知らなかった。今まで聞いたこともなかったけどこれは一般的に使われていることばなのですか。という質問があった。
読者の皆さんよりコメントがたくさんついてあり、
一般的です。知らなかったのですか。
普通に使います。
大人なら知っていてあたりまえ。
あなたは常識がないみたいなことまで言われちゃってる。
ひえええ。コメントのみなさんは容赦ない。質問者もちょっと聞いてみただけなのであろうに。
質問者も意固地になって、本当に一般常識なのだろうか。というようなことをまた書く。
荼毘に付すを知らなかったばかりにまるでこの人が全ての一般常識のない人のようなコメントがつづく。しかもそれを認めないのでまるで悪い人扱いされちゃってるよ。ひえええ。

あそこのコメント欄の常識人のみなさまが知ったらどうなるだろうか。ここに『荼毘に付す』の意味はおろか、読み方さえも知らなかった45歳の会社員がいることを。
[PR]

by akkohubb | 2012-05-15 14:40
2012年 04月 12日

誕生日

人生を5年単位で見てみると自分の歴史がわかりやすい。5年の間に必ず大きなイベントがある。

0〜5歳 誕生
6〜10 小学校入学
10〜15 中学校入学
16〜20 高校卒業
20〜25 渡米、結婚
26〜30 出産
30〜35 夫の病気 
36〜40 娘の小学校卒業、中学入学、ねこ 
40〜45 就職, 両親と同居、娘の大学入学

こうして書くとたいしたことないような感じだけど
絶好調のときあり、もはやおれもこれまでか。と思うようなこともあり。

先日45歳になった。
40〜44までは盛りだくさん。
サラリーマンデビューをはたし、両親が引っ越して来た。そして娘が家を出て行った。
あと、45が終わるまであと1年。1年後にこの年表に何が加わるのかな。
Mega Millionにあたっちゃって大金持ちなーんてことになったらいいのにな。
そうそう。それまで普通のおとなしい主婦だった人が45歳で恋人ができちゃったって人を知ってるよ。うししし。

誕生日は両親が食べ放題ランチに連れて行ってくれた。
夜はケンの両親がディナーに招待してくれた。
4人の親に祝ってもらうなんて。なんて幸せな45歳でしょう。
[PR]

by akkohubb | 2012-04-12 13:30
2012年 02月 29日

きらいなこと

前向きな気持ちで行ってきました。
仕事も、苦手なビジネスディナーも、そして寒さも雪もちゃんと楽しんで来たぞ。
何事も心のもちようだ。わはは。

だけど本当はもう2度と行きたくない。
実は私は飛行機が大嫌いなのだ。
子供には、hateという言葉は、あまりにもstrongなので使ってはいけない。といつも言っていたのだが、まさにhate。だいっきらい。

まず、あのセキュリティーがいや。
セキュリティーにたどり着くまでの行列がいや。行列に並ぶことは、私の10大苦手のうちのひとつ。やっと着いたと思ったら、靴を脱いでベルトをはずして、洗面道具や化粧品を出してまー、めんどうくさいこと。めんどうくさいことは、これまた私の10大苦手のうちのひとつ。
そんでもって飛行機に乗るまでずっと待つ。乗ってからも離陸までずっと待つ。待つことは私の10大苦手なうちのひとつ。
飛行機は乗る前から、苦手なことをこんなにクリアしなければならないのだ。
そんでもって今回は揺れた。揺れた。ジェットコースターに乗っているかのように、何度も胃がふわりと口から飛び出てきそうになる。
隣の男が、「ううぅ。I don't feel well。。。」とか言って口をおさえたりするもんだから、まさかおまえ、げろはくんじゃねーだろーなー。と、気が気でない。でも人ごとじゃないよ。こっちもうううぅぅ。気持ち悪い。すっごく怖いし、具合悪いし、気が気じゃないし、もう死にそうよ。
やっとのことで飛行機を降りたらなんかふらふらする。 みんなさっそうと出口に向かって早足で歩いていくけれど私はまず座らなきゃ。もう立っていられないくらい具合が悪い。
一息ついてからお手洗いに入って、鏡に映る自分を見たら顔が青くて目の下くまだらけでおばけのよう。1回死んだ。
飛行機の乗り換えがあったので、往復で同じことを4回も繰り返す。この旅行で私は疲れ果て、一気に5歳は年取っちゃったかんじ。ほんとうに。

年に2回の出張。また半年後に行かなければならないと思うと今から後ろ向きな気持ちになっちゃうよ。
[PR]

by akkohubb | 2012-02-29 14:29
2012年 02月 27日

よい刺激

友達が旅行へ行ったと写真を送ってくれた。
まー。彼女のおきれいなこと。お若いこと。写真を見てだれが私と彼女が同年代だと信じるでしょう。
ゴーシャスな彼女のゴージャスな旅行の話は、ふつうのおばさんの私にはとても刺激的であった。
私たちは性格も生活環境も(そして容姿も)まるでちがうので彼女のようにはとてもなれないけれどどっぷりおばさんになってしまった自分の生活を少し改めようかな。と浮き輪のように張り付いたビール腹を見ながら思う。

同じ日、仕事である女性と知り合った。
彼女は中国に生まれ、日本で就職し、そしてアメリカに赴任になってこちらに来たばかり。
中国語はもちろんのこと、上手な日本語を話し、そして英語もできる。
新しい仕事、生活環境にすごくわくわくしてるんだって。
新しく覚えることがたくさんで楽しみなんだって。
新しい環境きらい。新しい仕事きらい。新しく覚えることがきらいの私には若い彼女のやる気まんまんはとても刺激的であった。
若さって、しみとしわがないということだけじゃなかったんだ。
気持ちの前向きさってことだったんだ。
ああ、私ははなんて後ろむきなんでしょう。
ああ、いつから新しいことに対してわくわくするよりも面倒くさいと思う人になってしまったのだろう。そんな自分の性格を少し改めようかな。と思う。

明日から、東海岸の方へ出張へ行く。
寒くて、遠くていやだな〜。飛行機大嫌いだし、面倒くさいからいやだな〜。と例によってずっと後ろ向きだったんだけど 10年以上も見ていない雪が見られるかもしれない。普段体験できない寒さを体験できる。普段会えない人に会える。
楽しみじゃないか。あっこさん。と自分に言い聞かせる。
[PR]

by akkohubb | 2012-02-27 14:09
2012年 02月 02日

見たくなかった...。

インターネットを見ていたらある女優のブログにたどり着いた。
彼女はとてもおきれいでスタイルもいい。

ネイルアートにはまっているという彼女のある日の写真はネイルを見せている手のどアップなんだけど、目が釘付けになってしまった。なんと手が老婆だったのだ。

な、なぜこの写真を載せたのだ。
これは意地悪な写真週刊誌が盗み撮りして載せた写真ではなく彼女が何枚も自分で写してその中からお気に入りの1枚を厳選な審査の結果選んで載せたもののはずだ。(想像)
その日は魔が差して載せちゃったのかな。と思ったら、ネイルが趣味だけあって塗り変えるたんびに性懲りもなく手のどアップを載せているのであった。
指もごついし、爪の形もよくない。ついでに言うと、自慢のネイルアートのセンスもなんだかなぁ。

まぁ、女優といったって細部にわたって完璧な人なんてそうそういないよ。
そんな重箱の隅をつついてあげ足をとらなくてもいーじゃん。いーじゃん。彼女は充分おきれいなんだから。
と思いましたね。

それはだめだよ。
おきれいを売り物にする人は細部にわたって美しくないと。
少なくとも私のウィークポイントは手だってちゃんと自分でわかってないと。
あんな老婆の手を見せられたらがっかりするよ。
ファンでもなんでもない私ががっかりするんだもの。ファンの人たちの落胆はいかに。と思ってコメントをのぞいてみる。

かわいい。
めちゃくちゃかわいい。
すてきなネイルですね。
と100件以上永遠と続く。

やはりおれは重箱の隅をつついていたのか。
[PR]

by akkohubb | 2012-02-02 14:21
2012年 01月 30日

今日の英単語

日本のニュースを見ていたら
「近畿地方」という言葉にするどく反応して夫が笑ってる。
キンキ地方、キンキエリアかー。わはは。わはは。

キンキキッズなんて二人組もいるんだよ。
おーまいがー。
わはは。わはは。


kinky  セックスが大好きな人、超スケベな様
[PR]

by akkohubb | 2012-01-30 14:25
2012年 01月 26日

テニスの王子様

オーストラリアンオープン、錦織を見ていたらサードセットに入ったところで突然フェデラーとその昔グランドスラム達成というおじいさんのインタビューショーになってしまった。
えええ。そりゃないだろう。フェデラーとじいさんのおもしろくもない話が永遠と続く。
こちらのいらいらはつのるばかり。こんな大事なときになぜ今こんなものを流すのだ。ESPNは。
きのう、日本語なまりの苦情の電話がESPNにばんばんかかったはずよ。やっと錦織に戻ったとおもったらもう1−4。残り、ちょっとしか見られなかった。

それにしても錦織圭かっこよかったな〜。
今日のニュースに完敗なんて書いてあったけど、確かにスコアだけ見ると完敗かもしれないけど、
すっごくいいポイントがたくさんあった。
世界のトップレベルだ。すごい。

彼は喜怒哀楽がおおげさじゃなくて、上品なかんじなのもよい。
そう、その昔、私がテニスを始めた頃、テニスは紳士、淑女のスポーツだと教わったものよ。(いつの話だ。戦前か。)そして眉毛と髪の毛がふつーなのがとってもよい。(重要)

最近世界レベルの若い日本人アスリートをよくテレビで見るようになった。
それはとてもすばらしいことなんだけど、みんな眉毛と髪型がへん。すごくへん。
そろいもそろって眉毛が湘南暴走族か、おかまのどっちかだ。
髪型もいただけない。スケートの青年のもみあげがつららのように細長いあれはなんだろう。
サッカーの青年のヘアーバンドでもりあげたきのこの山ヘアーはなぜなのだろう。汚らしいさび色はいったいなぜなのだろう。ゴルフの青年の外はねパーマ、だれか言ってやってよ。へんだって。

ああ、そういえば錦織くんは日本人だけど、日本に住んでいないのだった。だからふつうの眉毛と髪型なのかも。
[PR]

by akkohubb | 2012-01-26 14:26
2012年 01月 24日

葉加瀬太郎

毎年会社が連れて行ってくれる日本商工会議所の新年会、今年のゲストは葉加瀬太郎であった。

葉加瀬太郎といえば、バイオリン、情熱大陸、高田万由子、そしてその風貌が人間マルチーズ。
これくらいのキーワードしか思い浮かばないままに当日を迎え、コンサートに臨んだのであった。

そしてそのコンサートはすんばらしかった。
ま〜、そのバイオリンの音の美しいこと。
お話の楽しいこと。演奏後の笑顔のすてきなこと。
うっとりしたり、感動したり、おどろいたり、笑ったりしているうちにあっという間に終わってしまった。
ああ、フォーリンラブ。

その昔、葉加瀬ご夫妻が結婚したとき、東大出の美人お嬢様がなぜあの人間マルチーズと。と思ったけど、東大出の美人お嬢様だから彼みたいな人と結婚できたのね。
[PR]

by akkohubb | 2012-01-24 14:59