あっこのおれおれ主義

akkohubb.exblog.jp
ブログトップ
2007年 02月 26日

針山登山 滝に打たれる修行僧

軽い気持ちで山道に散歩に行ったら、それは、ただの山でなく、はてしない針山であった。しかも、途中で滝があり、ごーごー滝にうたれ、吹雪にあい、ようやく命からがら下山した。

っつぅようなできごとがあった!

人材派遣もやっているわたくしの勤める会社に、日本語通訳者を探しているとの依頼があった。いつも頼む通訳さんの都合がつかなかったので、今回わたくしめが軽い気持ちでひきうけた。 クライアントはアメリカの車やさんで、日本から、大切なお客様(こちらも車やさん)がみえるらしい。 係りの人に一応確認する。 技術的な通訳はできません。 技術の通訳ではありませんよね。 今回は会話程度だという返事。それならまかせて。 本当に軽い気持ちで散歩に出る。

会議室には、こちら側に7,8名、日本からのお客様側に4名。 なんと、これは、会社間の取引のための重要な会議であった。 (やややっ。この山道はただの散歩道ではないではないか。と気づいたが時すでにおそし。)

ITDは使わない方向で開発するはずだったのに、いまさらITDを使うとは。 ITDとは。なんだろうか。 TTDの関数がMMIというのはどういうことか。 

話の内容がさっぱりわからんちん。 よって訳せない。 全員の冷ややかな視線が針のよう。 えー。うー。あー。って、おれは年寄りの政治家か。 この通訳じゃはなしにならん。と思ったお客様、自分たちで英語で話す。 おれが訳すよりよっぽど、話がわかりやすい。 依頼主のマネージャーはおれに完全に背を向けた。 ひぇぇ。おこってる。 そりゃそうだ。

この辺から、滝がごーごーと流れておれの頭を直撃する。まったく的を得ない私にかわって、 日本語のできる中国人の技術者が、すべてのことを運んでくれた。 なんだよー。いるんじゃないの。いるんじゃないの。日本語のできる技術者が。 こうなると完全に、 およびでない。 あんた、なんでここにいるの?状態。ランチの休憩の時にもう帰っていいといわれるかと思ったら、ミーティングはランチを食べた後までまだ続く。 緊張と萎縮とで、英語もいつにも増して下手っぴーになる。 その後も針の山道はまだまだ続く。そのうち吹雪に。

命からがらなんとか下山して、やっと自分のオフィスに帰ったのはもう4時であった。 やっと帰り着いたら、社長が、さー、今日の通訳代をがっぽり向こうに請求してくださいね。と張り切っている。 ひえぇ。 どのつらさげて、通訳代をくれなどと言えましょうか。 逆に今日のランチのサンドイッチ代を払ってくれって言われちゃうよ! しかも、自分の今日の仕事が机に山積み。 下山したと思ったら、山道はまだまだ続くのであった。
[PR]

by akkohubb | 2007-02-26 17:19


<< 「男に好かれる女」 だって!      今日の日記 >>