あっこのおれおれ主義

akkohubb.exblog.jp
ブログトップ
2007年 02月 13日

ポリシー

多民族の国に住む者として、私がこれだけはしないように気をつけていることのひとつに、 人の食事に きゃーとか、げぇー。とか言わない。 っつぅのがある。 
げぇー。あんなもの、食ってるよ。と陰で言うのはよし。 鳥の足の指、魚の目玉、かえる、かたつむり・・・。  だけど、今まさに、それを食べようとしている人に向かって否定的なことを言うのは、あまりにも失礼というもの。 食生活はそのまんまその国の文化、その人の育ちだもんね。
だから私があつあつのごはんに納豆&小魚で、わーい。いただきまーす。とわくわくしているところに、夫が うげぇー。だの、おえぇー。だの言って横から出てくると、ほんと、あたまにきちゃうの。 お前の生焼けハンバーガーにおれが、おえぇだの、うげぇ。だの言ったことがあるかってぇの。  この前はイカの塩辛を見て、きゃぁー。と女のような悲鳴をあげていた。

オフィスのインド人の女性。とってもいい人で、いつもランチやおやつを分けてくれる。 見た目や匂いがちょっとあやしくても、せっかく勧めてくださるもの、とりあえずなんでも食べちゃえ。 ホームメードのカレーはいつもおいしい。 おやつのスナック菓子ももちろんカレー味。 
そして今日食後に彼女が出してきたものは、瓶に入った黒いちいさな粒であった。 見た目は正露丸、うさぎのふんにそっくり。 瓶のふたをあけてびっくり。 においが人間のふんにそっくりであった。 うげぇー。思わず言いそうになるのをがまんする。 いけない。おれさまのポリシーは人サマの食べ物に否定的なことを言わないことじゃなかったか。 それにしてもすごい匂いだ。一粒つまんで口にいれる彼女。 「これは食後に食べるといいの。消化を促すのよ。」 と、またもうひとつ食べてる。 こんなものを食べないと促されないなら、消化なんかしなくていいです。というほどくさい。 でも勧められたものは喜んでいただくのがおれさまのポリシー。 ひとつつまんで口の中に放り込む。

うげぇー。
においにそっくりな味であった。 失礼とか、食文化とか、ポリシーとか、どうでもいいほど、まずいのであった。 
[PR]

by akkohubb | 2007-02-13 16:33


<< 今日の日記      怪談 4 >>