あっこのおれおれ主義

akkohubb.exblog.jp
ブログトップ
2006年 09月 28日

だますつもりがだまされた

面接でいろいろ聞かれたとき今度はもじもじしないでなんでもかんでも、はい。できます。できますとも!と答えた。やけくそ状態。そしたらすんなり採用になった。やったね。入ってしまえばこっちのものよ。 ところがだまされていたのはおれのほうだったのだ。「簡単な仕事ですよ。」 募集内容には一般事務のようなことが書かれてあったのに、私のポジションは経理であったのだ。
前任の人から引き継ぎをうける。彼女は新しい仕事も決まり、あと数日でやめてしまうのでそれまでにいろいろ教わらなくては。 日米バイリンガルで経理の経験がある人なんて、おれさまの他にだれがいるのだ。え! と息巻いていたわたくしでしたが、すみません。いました。ここに。
しかも彼女はアメリカの大学を卒業して、経理の勉強もきちっとされ、日本でもこっちでも経理担当として働いていたことがある人であった。しかもすっごい美人なんだよ。経理なんて地味なことやめて女優にでもなったらどう?と思うほど。ああ、こんな人と同じ土俵で同じ時期に仕事探しをしていたのか。そりゃ、どこからも連絡なんかないはずよね。
やることをつぎつぎとKさんから教わっていく。 なにもかもやったことないことばっかりだ。 私がいままでやってきた経理はほんと、お小遣い帳の域であった。 売り上げ計上、勘定残高、売り上げ原価対応表????なにそれ、何語?「ご不明な点があったらおっしゃってくださいね。」 全部ご不明。 だけどKさんはあきれた顔を一度も見せずに、丁寧に丁寧にいろいろ教えてくれる。 やっぱり美人は性格がいい。

Kさんと過ごした4日間はあっという間に過ぎてしまった。 このままKさんのアシスタントとなってずっといっしょに働けたらいいのにな。 それにしても明日から、あの膨大な量の仕事を一人でどうすればいいのだろう。 仕事の量がハンパじゃない。どこから手をつけていいのかわからん状態。 
上司には教えてないんだけど。と言ってKさんがこっそり連絡先をくれた。 Kさんだって、新しい職場になるのだ。そうそう前の仕事場から連絡がきて質問攻めにあってはたまらんだろう。「わからないこと、困ったことがあったら、あっこさんはいつでも連絡くださいね。」と言ってくれた。じーん。そして家に帰るとさっき交換したメールアドレスにメールが入っていた。 またじーんとくるようなことが書いてあった。
新しい職場が不安だと言っていたKさん。あなたのようになんでもできる人でも不安なのね。 でもあなたなら大丈夫だと思う。   そして私もきっと大丈夫だと思う。  

でたよ。また根拠のない自信。
[PR]

by akkohubb | 2006-09-28 09:31


<< 平素よりお世話になります。      再認識 >>