あっこのおれおれ主義

akkohubb.exblog.jp
ブログトップ
2005年 12月 21日

白タイツの男。

クリスマスの恒例は娘を連れてNatcracker(くるみ割り人形)のバレーを観に行くことであった。女の子を持ったからには年に1度ドレスアップしてこれを観に行かなければならないらしい。
私はこーゆうイベントめいたことが大好き。日本に住んでいたらおひなまつりにだってお人形を飾ってすし太郎くらい作ったと思うよ。
だいたい育つ過程でクリスマスに毎年バレーを観るなんてなんかお嬢様っぽくていいじゃない?恒例にしていたはずのNatcracker、ここ数年はいつもいっしょに行っていた友達が引っ越してしまたことと、娘が大きくなっちゃって、お嬢様ごっこにつきあってくれなくなったこともあってパスしていたんだけど、こすもすさんのお嬢さん二人が今年は初出演と聞いてそのバレー団のチケットを手配してもらったのだ。 でもねずみの役なのよ・・・。とこすもすさん。
ねずみを笑うなかれ。このねずみの役はバレリーナの登竜門なのよっ。最初はみんなこのねずみから出発するのよっ。(これはバレーに熱心な友達のうけうりです。実際ねずみの役をもらうのも大変なんだって。)
前に観たのは4年前だったか。あの頃はただだまってうっとりとバレーを観ていただけだったのに12歳になった娘はわたくしの血をきちんとうけつぎ、すばらしいつっこみを入れられる娘に成長していた。
ナットクラッカー役の青年はもしかして水前寺清子ではなかろうか。(さすがに娘はチーターを知らなかった。) ややっ。あのトナカイは。 ややっ。笑顔仮面。 そしてメインの男性ダンサーが登場したところでわたくしたち親子は はっ。と息を呑んだのである。
白タイツの男・・・。
彼がどんなに優雅にくるくる回っても、ジャンプして脚を空中でひらひらさせても白タイツ。
筋肉だらけのおしりはひきしまってきれいだが、こちらをむけば白タイツ。

キャンディーケーンになってでてきたこすもすさんちのS子ちゃん姉妹。とってもとってもかわいかった。とっても上手にできました。ここんとこ、サッカーの応援のくせがついて、Sちゃぁぁん。と声援したくなるのをぐっとこらえる。退場だろう。それをやったら。娘もS子ちゃんだ。S子ちゃんだぁ。とうれしそう。

家に帰ってハイヒールをぬぎ、よそ行きのスラックスをぬいで、タイツだけになる。
もちろん今日観たターンをやってみる。腹をかかえて笑う娘。おかしいなぁ。お嬢様に育てるはずだったのに。
[PR]

by akkohubb | 2005-12-21 11:15


<< しばしの別れ      いっそのことあなたのおでこにイ... >>